米国発「WeWork」が日本で狙うオフィス革命

成長著しいシェアオフィス大手が東京進出へ

イベント以外でも、コーヒー休憩ができるカウンターなどで「こんな人がいるので会ってみませんか?」とコミュニティマネジャーが話しかけに来る。アプリ上で提案が来ることもある。ヒル氏は「日本人は恥ずかしがり屋だ、と言う人は多い」と指摘する一方で、「それは外見だけで、人とかかわってコラボしたいという願望はいつの時代にもあった。単にそういう環境が提供されてこなかっただけ。ウィーワークにいればそういうことをしてもいいんだと感じられる」と強調する。

各オフィスには会員同士のコラボレーションを促すコミュニティマネジャーが常駐する(写真:WeWork)

こうした仕組みは、コミュニティマネジャーの入念な育成なしには機能しない。日本では200人と面接したという。加えてヒル氏は、「創業以来6年間、われわれはコミュニティマネジャーの研修カリキュラムの開発に力を注いできた」と話す。研修を終えると、社外でも使える認定資格をもらえる。

ウィーワークの事業は自社が設けたシェアオフィスの運営にとどまらない。米国では「Powered By We(PxWe)」というオフィス改装のコンサルティングサービスも手掛ける。ヒル氏は「PxWeが東京で多くの会員を引き付けることになるだろう。すでにいくつかの大企業とも話を始めている」と話す。

オフィス改装のコンサル事業も展開

要はウィーワークが企業のオフィスをまるまるプロデュースしてしまうということだ。同社が抱えるオフィス改装の専門家を会員企業に送り込み、データを集め分析し、より効率的な仕事ができるようオフィスを設計し直す。実際の運営ではコミュニティマネジャーも置き、さまざまな部門を引き合わせて協業しやすくする。米メディアによれば、IBM、Airbnb、アマゾンといった企業向けにオフィス管理を行っているという。

コーヒー休憩ができるスペースなども充実している(写真:WeWork)

「若い世代はオフィスにこれまでなかったものを求めている。職場に”人間くささ”を欲している。われわれのコミュニティに入り込めば、社員はより幸せになり、満たされる。これが使命だ」。ヒル氏はそう強調する。

目下多くの企業で進む働き方改革は、労働時間の短縮や有給休暇の取得促進といった、「仕事をしない時間」を増やすという方向性だ。だが、誰しも起きている時間の大半は仕事をしている。ならばその時間をいかに快適に、生産的にするかが重要といえる。そのようなムーブメントをウィーワークはここ日本でも起こすことができるか。注目度は高まるばかりだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。