警察官からホームレスになった酒乱男の末路

それでも彼は大阪・西成を愛し続けた

そして3カ月後、そろそろ春という季節に松っちゃんとたまたま再会した。お酒の自動販売機の前に置かれたベンチに座っていた。昼間から酔っている。

「西成は人情ある街。あいさつすると、あいさつ返してくれる。こう見えてもええ街なんよ」(筆者撮影)

そして近づくと、松っちゃんのアゴが痛々しく割れているのが見えた。

「またシノギ屋にやられたんよ。今度はアゴを蹴られた。下の歯3本が折れたわ。でも骨は折れとらん。元々格闘技やってたから骨は強いんよ」

とニヤリと笑う。格闘技をしててもアゴの骨は鍛えられないだろう。たまたま折れなかっただけだ。「気をつけてくださいよ」と言うと「わかったから酒をおごってくれ」と言われる。言われるままにお酒をおごり、その場を後にした。

「がんになったんよ」

そしてその年の夏。三たび松っちゃんと出会った。夏祭りの会場のはじっこに松っちゃんは立っていた。今回は幸い怪我をしていなかったが、前に会った時より一回り小さくなったように感じた。

「そうなんよ。わかる? がんになったんよ」

衝撃的なことをあんまりにもさらりと言うから、言葉を失ってしまった。

その僕の様子が「がんだ」という告白を疑っているように見えたらしい。

「嘘じゃないんよ。ほんまにがんなんよ。多分もう先はあんまり長くないわ」

松っちゃんはなんだか妙に明るく、嬉しいできごとのように話した。

「かわいそうやと思うならお酒おごって」

と笑顔で言う。

松っちゃんはその日も飲んで飲んで泥酔して、公園で横になってお尻を半分見せながら眠ってしまった。

そして松っちゃんが目覚める前に別れた。それ以来会っていない。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
医療費のムダ<br>病院の言いなりは禁物!

米国発のムダな医療リスト60を掲載!「胸部X線」「風邪に抗生物質」に科学的根拠なし。日本はどうする?「聖域」だらけの医療の現実から、病院・医者と賢くつき合う方法までを解説。