20代無職の男が大阪・釜ヶ崎で見出した希望

幸せになれる夏祭りと変わっていく街並み

釜ヶ崎の夏祭り。相撲大会の様子(筆者撮影)
ホームレス。いわゆる路上生活をしている人たちを指す言葉だ。貧富の格差が広がる先進国において、最貧困層と言ってもいい。そんなホームレスを長年取材してきた筆者が実態に迫る連載の第4回。

大阪のあいりん地区は一般的にドヤ街と呼ばれる場所だ。住人はあいりん地区という呼び名をあまり使わず「釜ヶ崎」「西成」と呼ぶ人が多い。

ドヤとは宿の隠語。安く泊まれる簡易宿泊施設が街中に林立している。簡易宿泊施設はそもそもは、日雇い労働者向けに作られたホテルだが、現在では外国人観光客が利用したり、アパート契約して定住したりする老人も多い。

この連載の一覧はこちら

釜ヶ崎を「治安の悪い街だ」と忌避する人も多いが、街に魅せられて足繁く通う人もいる。B・カシワギさんもその一人だ。

彼は釜ヶ崎を歩いていると「横綱!!」と呼ばれることがある。知る人ぞ知る存在だ。

B・カシワギさんは、著者の当サイトの連載『「非会社員」の知られざる稼ぎ方』に登場した一風変わった実業家だ(記事タイトル「38歳、大阪で『魔女を名乗る男』の非凡な人生」2017年10月19日配信)。大阪で、魔女の店、トークライブハウス、ジビエレストランなど複数の店舗を経営している。最近では大阪・日本橋にギャラリー「モモモグラ」をオープンし、マニアックな展示を行い集客に成功している。

釜ヶ崎の夏祭り

B・カシワギさんが釜ヶ崎に初めて足を運んだのは、実業家として成功するずっと前の話だ。大学を出たばかりの、何者でもない頃だった。

「芸人の先輩に誘われて初めて釜ヶ崎に足を運びました。ちょうど夏祭りの真っ最中でした」

釜ヶ崎の夏祭りは、毎年お盆に3日間連続で萩之茶屋南公園(通称“三角公園”)を中心に開催される。

次ページのど自慢大会では
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。