北朝鮮、新たなミサイル発射準備の可能性

ヘイリー米国連大使が言明

1月2日、ヘイリー米国連大使は、北朝鮮が新たなミサイル発射を準備している可能性があるとの情報を米国は耳にしているとし、一段と厳しい対応が求められることになるとけん制した。写真は2日、国連本部で会見するヘイリー大使(2018年 ロイター/Lucas Jackson)

[国連 2日 ロイター] - ヘイリー米国連大使は2日、北朝鮮が新たなミサイル発射を準備している可能性があるとの情報を米国は耳にしているとし、一段と厳しい対応が求められることになるとけん制した。

ヘイリー大使は記者団に対し「われわれは、北朝鮮が新たなミサイル発射の準備を進めている可能性があるとの報告を耳にしている」とし、「起こらないことを望むが、実施されれば、北朝鮮体制に対し一段と厳しい措置を講じる必要が出てくる」と語った。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT