ジョコビッチ、カタール・オープンを欠場

錦織も1月7日開幕のシドニー国際を欠場

 12月30日、男子テニスの元世界ランク1位、ノバク・ジョコビッチは、1月1日に開幕するカタール・オープンを故障のために欠場することに。ベオグラードで7月に代表撮影(2017年 ロイター)

[30日 ロイター] - 男子テニスの元世界ランク1位、ノバク・ジョコビッチ(30、セルビア)は、1月1日に開幕するカタール・オープンを故障のために欠場し、四大大会初戦の全豪オープン(1月15日開幕、メルボルン)に向けて治療を受け、回復を目指すことになった。

世界ランク12位のジョコビッチは29日にアブダビでのエキシビションマッチでシーズン開幕を迎える予定だったが、ひじのけがで棄権していた。カタール・オープンの欠場については声明で、「残念ながらひじの状態は前日と変わらず、痛みがある」と説明した。

一方、手首の故障で4カ月以上実戦を離れている世界22位の錦織圭は1月7日に開幕するシドニー国際を欠場することになった。同大会の主催者が30日、ツイッターで発表した。

ジョコビッチと錦織は今回の欠場により、全豪オープンへの出場がさらに不透明な状況となった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 逆境からの人々
  • 地方創生のリアル
  • ワインの常識10
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。