デ杯で錦織勝利、日本はカナダと1勝1敗

7日にダブルス、8日にシングル2試合対戦

錦織は第2試合でバセク・ポシュピシルを下した

[6日 ロイター] - 男子テニスの国別対抗戦、デビス・カップ(杯)ワールドグループは6日、各地で1回戦を行い、日本はカナダと1勝1敗で初日を終えた。世界ランク4位の錦織圭は第2試合で同62位のバセク・ポシュピシルを6─4、7─6、6─3で下した。

第1試合では世界ランク85位の伊藤竜馬が同6位のミロシュ・ラオニッチに2─6、1─6、2─6で敗れた。2日目にはダブルス1試合が行われる。

そのほかの対戦では世界ランク1位のノバク・ジョコビッチを擁するセルビアがクロアチアに2勝0敗、フランスがドイツに2勝0敗でリードした。

王者スイスはロジャー・フェデラー、スタニスラス・ワウリンカの主力2選手を欠くなか、ベルギーと1勝1敗とした。
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。