デ杯で錦織勝利、日本はカナダと1勝1敗

7日にダブルス、8日にシングル2試合対戦

錦織は第2試合でバセク・ポシュピシルを下した

[6日 ロイター] - 男子テニスの国別対抗戦、デビス・カップ(杯)ワールドグループは6日、各地で1回戦を行い、日本はカナダと1勝1敗で初日を終えた。世界ランク4位の錦織圭は第2試合で同62位のバセク・ポシュピシルを6─4、7─6、6─3で下した。

第1試合では世界ランク85位の伊藤竜馬が同6位のミロシュ・ラオニッチに2─6、1─6、2─6で敗れた。2日目にはダブルス1試合が行われる。

そのほかの対戦では世界ランク1位のノバク・ジョコビッチを擁するセルビアがクロアチアに2勝0敗、フランスがドイツに2勝0敗でリードした。

王者スイスはロジャー・フェデラー、スタニスラス・ワウリンカの主力2選手を欠くなか、ベルギーと1勝1敗とした。
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。