サッカーの岡田武史が「FC今治」で秘める野望

元日本代表監督は、現在何をしているのか

FC今治のオーナーになるまでは「おもしろいサッカーをして強ければ文句ないだろう」という考えだったが、現在は一変したという(撮影:今井康一)

「岡田さん、僕はね、スポーツから日本の社会を変えたいんです」

2016年に他界した、ラグビー元日本代表監督の平尾誠二氏と初めて会った時に受けた”衝撃”がすべての始まりとなっている。

2014年11月、岡田武史氏は当時四国地域リーグだったFC今治のオーナーとなった。これは、スポーツを通じて自立した人間を1人でも多く生み出したいという想いを実現するための、人生をかけた挑戦である。

2018年にロシアワールドカップ(W杯)を控えるサッカー日本代表。6回目の出場となるが、今から20年前、初のフランスワールドカップ出場を勝ち取った代表監督こそが岡田氏である。

「アジア第3代表決定戦のジョホールバル前日に、自分の遺伝子にスイッチが入らなかったら今のオレはない。あそこで完全に開き直って初めて自分の人生を自分で開けるようになってきた。それまでオレはそんな人間じゃなかった。強い人間じゃなかったし。ジョホールバルっていうのは、自分の人生を変えた経験だね」

あれから、20年。2度のワールドカップを経験し、中国のクラブチームでも指揮をとった岡田氏だからこそ、語れる日本サッカーの現在地と目指すべき方向性とは何か。

W杯で日本は十分勝ち抜ける可能性がある

ロシアW杯での日本代表の組み合わせが決まり、いよいよワールドカップモード突入となる。2010年の南アフリカワールドカップでは、戦前の下馬評を覆して、決勝トーナメント進出を決めた。当時の日本代表監督には、日本が入ったグループリーグH組をどう感じているのか。

「このグループの中で勝ち抜けるかっていったら、十分勝ち抜ける可能性あるグループに入ったと思っています。コロンビアは確かに強いけど、ブラジルのワールドカップのときよりは、どう見ても少し落ちてますよ。セネガルも悪いチームじゃないですけど、アフリカのチームっていうのは、ものすごく波がある。そして、ポーランドは攻撃が単調ですし、ゴリ押し的な感じがあるので、十分可能性あるんじゃないかな」

2010年の南アフリカ大会で日本代表は、初戦のカメルーン戦を1-0で勝利し、勢いづいた。初戦のコロンビア戦を取れれば、グループリーグを突破できると岡田氏は話す。

現在、サッカー日本代表に対しては、世論からポジティブな声はきこえない。特に先日行われたE-1サッカー選手権(旧東アジアカップ)決勝での韓国戦、1-4での敗戦は今後をより不安視させる内容となった。

「(招集されたJリーガー達の意気込みもあいまいで)東アジア選手権の位置づけ自体、監督もそこまで重要視していないような気がする。それは監督の責任でもあるし、選手だけの責任ではないと思う。やっぱり日本人の、ここ一番でのメンタルの弱さというのは、あるのかもしれない」

次ページ日本人に足りない「メンタル」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
迷走する技術者王国<br>ホンダが消える日

「ホンダにしかできないエッジの立たせ方をしないと、ホンダはいなくなる」。八郷隆弘社長が断言。独創性を取り戻そうと、提携や研究開発組織の再編を加速。生き残れるのか。