「そうじで手荒れ」は経済的にも損をしている

「合成洗剤」の代わりになる天然素材3つ

合成洗剤を使わないナチュラルクリーニングをご紹介します(写真はイメージです、ucchie79 / PIXTA)

仕事納めを終え、今年の仕事は残すところ家の大そうじのみ、という人も多いのではないでしょうか。ただ、この寒い時期に合成洗剤を使ったそうじをすると、手荒れの心配がつきものです。手荒れ知らずで気持ちよく新年を迎えるために、本記事では合成洗剤を使わない「ナチュラルクリーニング」のメリットと、最低限用意しておきたい3つの洗剤&7つの道具をご紹介します。

使うのは自然由来の洗剤のみ

ナチュラルクリーニングとは、重曹やクエン酸など、もともと自然界に存在する素材を使ったおそうじのことを指します。ナチュラルクリーニングには3つのメリットがあります。

①手早くキレイに
ナチュラルクリーニングは、丁寧に時間をかけて行うイメージがありますが、汚れに合った洗剤を正しく使えば、さっぱりと手早くキレイになります。
②手抜きそうじOK
合成洗剤だとすすぎや拭きとりが必要ですが、ナチュラル洗剤なら、入念なすすぎや拭きとりが不要なのでラクチンです。
③安心、安全、経済的
食用にも使える重曹をはじめ、ナチュラル洗剤は手肌に触れても安心。また、そうじ場所ごとに洗剤を替える必要がないので経済的です。

環境に優しい洗剤は合成洗剤より洗浄力は弱いのではないか、という心配をされる方もいらっしゃるかもしれません。ですが、穏やかな洗剤でも、使い方や道具次第で汚れ落ちがよくなります。ナチュラル洗剤はそれぞれ、得意な汚れと苦手な汚れがあり、その特性を知ることがナチュラルクリーニングの第一歩です。

ナチュラルクリーニングに使う洗剤は6種類。重曹、セスキ炭酸ソーダ、クエン酸、アルコール、過炭酸ナトリウム、そして石けんです。これらの洗剤をそれぞれの特性に合う汚れに駆使すれば、たいていの場所はキレイになります。今回は最も出番の多い、重曹、セスキ炭酸ソーダ、クエン酸をご紹介します。

次ページ重曹の使い方は?
関連記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。