韓国サムスン、「3本の矢体制」へ布石?

グループ内で事業再編、71歳李会長から子供へ権力移譲も

韓国メディアなどの下馬評によれば、李在鎔氏は実質的後継者としての地位を保ちつつ、サムスン電子とサムスン生命を引き受ける可能性があるという。また、李富眞氏はホテル、免税店、レジャーや消費財部門を担当し、李叙顕氏は素材専門企業となった第一毛織と広告業の第一企画、サムスン石油化学などを引き受けるだろうと見ている。

後継体制の中核は長男・李在鎔氏だが…

ただ、サムスンエバーランドの大株主である李在鎔氏がグループ支配をどこまで強化できるかは不透明と、前出の石田氏は指摘する。「李在鎔氏はこれまで目立った実績がない。短期間でどこまで周囲が納得できる成果を出せるかどうか。すでに多くの専門経営者が育っているサムスン電子のなかで、創業者三代目というだけで専門経営者の上に立てるかどうか」と見る。

一方、長女の李富眞氏は、ホテル新羅の社長として大きく売り上げを伸ばすなど目立った実績を上げており、「経営手腕は三兄妹で断トツ」という評価もある。彼女の今後の動きも、後継体制に強い影響を与えるだろう。「サムスンがくしゃみをすれば、韓国経済は風邪をひく」と言われるほどの影響を持つサムスングループが、今後も安定した経営を続けることができるかどうか。そのための後継体制は重要な関心事となりそうだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT