50代夫婦が保険解約の前に絶対にすべきこと

「子どもにかかるおカネ」が峠を超えたら?

子どもが大きくなってきたら、実は保険は解約しても良い。だがその前にすべき大事なことがある(写真:saki/PIXTA)

今回は、子どもを持っている夫婦に向けて、「生命保険の見直しをどうやってすべきか」というお話をしたいと思います。特にあてはまるのは「50代前後くらい以上で、子どもが高校生から大学生くらいになった(あるいは手がかからなくなった)方々」ですが、そうでなくても、考え方はぜひ参考にしていただきたいのです。

生命保険は子どもが成長したら、どうする?

生命保険とは、遺族の生活を支えるものです。親としての自分に「もしも」のことがあった時、親の責任としてもっとも重要なことは、子どもの生活保障をすることです。逆に言えば、あくまで一般論ですが、「生命保険は、子どもが成長したら解約しても良い」のです。

こうした話は、頭では理解できるかもしれません。しかし、実際にやめるとなると、「なかなか踏ん切りがつかない」という方も多いものです。中には「保険をやめたとたん、不幸が訪れる」と、保険の担当者から呪いめいたことを言われ、二の足を踏む人も少なくありません。もちろん「万が一」は誰にとっても恐怖です。しかし、あらかじめ「その時、どういうことが起こりうるのか」を予測することで、見えてくるものもあります。結論から言いますと、「子どもに手がかからなくなったら、生命保険の解約や変更をしてもいい」のですが、その前に「やることがある」のです。

どういうことでしょうか。50代前後の方々の目線に立って、まずこれからのおカネの流れを予測していきましょう。勤務先によっては「55歳役職定年」や「出向」というシナリオが待っているところもあります。「よく知らない」という方はこの機会にしっかり情報収集しましょう。人事部主催のライフプランセミナーなどが開催される場合は、積極的に参加されることをお勧めします。

筆者はファイナンシャルプランナーとして、企業のライフプランセミナーを担当することがありますが、自分自身の会社の仕組みを知らない人が本当に多いのです。たとえば典型的なのが役職定年です。

次ページ役職定年を迎えたり、定年になるとどうなる?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。