50代夫婦が保険解約の前に絶対にすべきこと

「子どもにかかるおカネ」が峠を超えたら?

子どもが大きくなってきたら、実は保険は解約しても良い。だがその前にすべき大事なことがある(写真:saki/PIXTA)

今回は、子どもを持っている夫婦に向けて、「生命保険の見直しをどうやってすべきか」というお話をしたいと思います。特にあてはまるのは「50代前後くらい以上で、子どもが高校生から大学生くらいになった(あるいは手がかからなくなった)方々」ですが、そうでなくても、考え方はぜひ参考にしていただきたいのです。

生命保険は子どもが成長したら、どうする?

生命保険とは、遺族の生活を支えるものです。親としての自分に「もしも」のことがあった時、親の責任としてもっとも重要なことは、子どもの生活保障をすることです。逆に言えば、あくまで一般論ですが、「生命保険は、子どもが成長したら解約しても良い」のです。

こうした話は、頭では理解できるかもしれません。しかし、実際にやめるとなると、「なかなか踏ん切りがつかない」という方も多いものです。中には「保険をやめたとたん、不幸が訪れる」と、保険の担当者から呪いめいたことを言われ、二の足を踏む人も少なくありません。もちろん「万が一」は誰にとっても恐怖です。しかし、あらかじめ「その時、どういうことが起こりうるのか」を予測することで、見えてくるものもあります。結論から言いますと、「子どもに手がかからなくなったら、生命保険の解約や変更をしてもいい」のですが、その前に「やることがある」のです。

どういうことでしょうか。50代前後の方々の目線に立って、まずこれからのおカネの流れを予測していきましょう。勤務先によっては「55歳役職定年」や「出向」というシナリオが待っているところもあります。「よく知らない」という方はこの機会にしっかり情報収集しましょう。人事部主催のライフプランセミナーなどが開催される場合は、積極的に参加されることをお勧めします。

筆者はファイナンシャルプランナーとして、企業のライフプランセミナーを担当することがありますが、自分自身の会社の仕組みを知らない人が本当に多いのです。たとえば典型的なのが役職定年です。

次ページ役職定年を迎えたり、定年になるとどうなる?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT