半沢直樹の”便乗商法”にモノ申す

ドラマ「半沢直樹」が強烈に風刺する現実社会

半沢直樹、今後の展開

大方の予想に反した展開が高視聴率の一因でもあったわけだが、最後のシーンで、半沢直樹はハッピーで終わらず、左遷の憂き目にあった。間違いなく“半沢直樹2”への布石である終わり方だが、次回作では社会の何をメタファーにして風刺してくれるのだろうか。

この手の“下剋上勧善懲悪ドラマ”は不景気の時や、会社やお上に自分が不当に虐げられていると感じている時、つまり“ショムニ”が流行るのと同じ構造で“下の者が上の不正を正す”ことへの需要が強い時にこそ流行するものである。

この意味で“本音を隠して我慢し続けず、正直に感情をぶつけあえる社会になれれば、半沢直樹にこれほど頼らなくてもよくなるだろうに、とも感じるわけだが、“不当なお上からの圧力にやられっぱなしになることに慣れてしまっている一般大衆”が少しでも覚醒するきっかけになり、怒りの声を上げる勇気を与えたのであれば、ドラマ”半沢直樹“の社会的意義は相当大きなものになりえるだろう。

単に”倍返し“を流行語大賞にして、軽はずみに上司に嫌がらせをするだけで終わるには、あまりにももったいない、教訓に富んだドラマなのである。

 末筆ながら、冒頭およびタイトルで“半沢直樹の便乗商法にモノ申す”と言っておきながら、完全にこのコラムこそ便乗商法だったのはご推察の通りである。しかし周りからどう思われようが遠慮せずにリスクをとった勇気に対し、“いいね”や“ツイート”の数で10倍返しにしてくださることを祈念しつつ、本コラムを終えさせていただきたい。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT