中国人がハンカチを使わないこれだけの理由

必要ないを飛び越して、むしろ不潔?

なぜか。理由はいくつか考えられる。

ハンカチに関していえば、1つは「持つ必要がない」からだ。私の記憶では、つい4~5年ほど前まで、北京や上海のショッピングセンターや空港のトイレの洗面台では、水道の水があまり出なかった。水道はあるのだが、蛇口が取れていたり、蛇口があっても水が出なかった。つまり高い確率で壊れていたのだ。

水洗トイレの水が流れないことも珍しくなかったから、水道管に問題があったのだろうが、私自身、トイレ後に手を洗いたくても洗えなかった経験は数知れず……。そのうち、中国では手は洗わなくてもいいや、と慣れてしまった自分がいた。むろん、中国人も同様だ。というか、中国ではずっと前からそうだった。誰も手を洗うシチュエーションに遭遇しないのだから、ハンカチなんて必要あるわけがない。

「トイレ革命」を実施中

ところが昨今、中国では国家を挙げて「トイレ革命」を実施中で、ここ数年、大都市のトイレは感動するほどきれいになった。洗面台の水も手をかざせば(もはや蛇口すらなくなって高感度のセンサー式に大変身!)出るので、手を洗い、ハンカチを取り出して、手を拭けるようになったことを喜んでいた。だが、周囲を見渡してみると、なぜか中国人女性は誰もハンカチを出していないではないか……! 

洗面台に手を拭くためのペーパーがセットされている場合もある

よく見てみると、鏡の下に、手を拭くための厚手のペーパーが設置されていたり、トイレの入り口付近にペーパーがセットされてあり、そこから1枚か2枚抜き取って、手を拭いていた。厚手なので、普通のティッシュのように手に濡れた紙がこびりつくこともない。使い捨てだから、そのままゴミ箱に捨てるだけ。温風の乾燥機が設置されているところも増えた。結果、やはりハンカチは必要ないのだ。

ちなみに、以前はトイレの個室内にトイレットペーパーがほとんどなかったため、ティッシュを持つ中国人女性が多かったが、今ではペーパーの設置率が非常に高くなったため、ティッシュも持ち歩かない人が増えた。中国のティッシュはスーパーやコンビニで売っていて、日本のティッシュよりも厚めのため、トイレ用にも使える(日本ではティッシュはトイレに流してはいけないが、中国では基準が曖昧で、私の印象では、これまで流してしまう人が多かった)。

次ページどちらが不潔?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT