中国人がハンカチを使わないこれだけの理由

必要ないを飛び越して、むしろ不潔?

だが、中国ではハンカチを自分のために買うどころか、誰かにプレゼントすることもタブーとされている。

なぜなら、ハンカチは涙を拭くものであり、不吉だから。中国では、たとえば掛け時計など、中国語読みの音が悪い意味の音と重なると「縁起がよくないから」という理由で、贈り物にしてはいけないといわれている。最近ではそういう伝統的なタブーを気にしない人もいるが、ハンカチはそういう意味もあって、私は中国のデパートで売っているところはあまり見たことがないし、きれいなハンカチを持っている中国人女性に出会ったこともない。あるとすれば、日本に長年住んでいる中国人女性くらいだ。

しかし、中国でもずっと昔からそうだったのか、というと、そうではないらしい。今年4月、取材で上海に行ったとき、50代後半のアパレルメーカーの社長と食事をした。ちょうど男性はその1カ月前に父親を病気で亡くしており、お悔やみを述べると、彼はポケットからそっとハンカチを取り出して涙を拭いていた。

そこで私がハンカチのことを指摘すると、その男性は「私はアパレルの仕事をする前からずっと持っていますよ。エチケットですからね」といったのだ。

ハンカチを持たないのは、貧しかった時代の影響である

『なぜ中国人は財布を持たないのか』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

びっくりして、私がハンカチに関するエピソードの数々を話すと、男性はこう語り出した。

「私が小さい頃、中国ではビニール袋とか、そういう便利なものがなかったから、何でもハンカチや大きい布で包んで家に持って帰ったんです。市場で買ったリンゴとか、野菜も。それにね、父親の葬儀で私も初めて知ったのですが、中国の死装束の一式にはハンカチがつくんですよ。あの世に行くとき、持っていくんです。社会が混乱したり、貧しかった時代が長く、あまりにもモノがなく、殺伐としていたせいで、中国人の間にハンカチを持つ習慣がなくなっただけで、もともとは中国人も持っていたのだと思いますよ。おしゃれなものじゃないですけどね」

中国人がハンカチを持たないのは、貧しかった時代の影響で、もともとの文化的な理由でないとしたら、今後は変わっていく可能性もあるのかもしれない。

冒頭の社長は私にこういった。

「いまハンカチを使う場面といえば、エチケットやマナーに関連することばかりですよね。もしかしたら、中国人もハンカチを持つようになって初めて、本当の意味で先進国の仲間入りをするのかもしれませんね」

経済的に豊かになった中国人はキャッシュレスを好むようになり財布を持たなくなった。それは合理的だからだ。それでは、彼らは豊かになった結果、ハンカチを持つようにもなるだろうか。たかがハンカチだが、もし中国人に会うことがあったら、そんな視点で見つめてみたり、意見を聞いてみたりすると、より彼らへの理解が深まるかもしれないし、意外な発見があるかもしれない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT