中国人がハンカチを使わないこれだけの理由

必要ないを飛び越して、むしろ不潔?

中国人は手を洗ってもなぜハンカチを持っていないのか?(写真:筆者撮影)

中国人がハンカチも持たないのはなぜなのか

「あ、そうだ。ハンカチは持ってきたか? これから観る映画は感動的な作品だから、号泣するかもしれないよ」

「えっ、ハンカチですか? 持っていませんよ。ティッシュがありますから、大丈夫です」

これは私の友人と、4カ月前に来日した中国人女性の研修生(28歳)とのある日の会話だ。友人は中国に工場を持つ企業の社長で、中国人との接点は多い。彼は2年に1度、中国から研修生を受け入れており、休日も何かと研修生の女性を外に連れ出すなどしている。「中国人はハンカチも持たないのですね。私にとって新鮮な気づきでした」と友人は驚き、私にメッセージをくれた。

こちらの記事でも紹介したとおり、今、財布を持たない中国人が増えている。急速なキャッシュレス化で、財布(現金)が必要なくなったためだ。そのことを知ると驚く日本人も多いのだが、彼らはそれ以外にハンカチも持たないのか……と中国通の社長でさえ感慨深かったようだ。

私自身は、過去中国で暮らしていたこともあり、中国人がハンカチを持たないこと自体は知っており、実は長年気になっていた。日本人ならば大人でも、子どもでも、外出前に「財布、ハンカチ、ティッシュ」の3点セットの有無はチェックするのではないだろうか。だが、中国人はこのうち2つ、あるいは、ティッシュも含めた3つとも持たない人は少なくない。男性の場合、スマホだけ持ってカバンすら持たない人もいる。これもまた、日本人からしたら、ちょっとしたショックだ。

私たちが「持っていて当たり前のもの」を、お隣の国の中国人は「持たないのが当たり前」なのだから、これは大きな違いである。

次ページその理由とは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?