パキスタンの教会で自爆、少なくとも9人死亡

ISが系列メディアを通じて犯行声明

 12月17日、パキスタン南西部バルチスタン州クエッタで、キリスト教の教会で自爆攻撃が発生し、少なくとも9人が死亡、最大56人が負傷した。当局者が明らかにした。警察の誘導で教会から非難する人々。パキスタンのクエッタで撮影(2017年 ロイター/Naseer Ahmed)

[クエッタ(パキスタン)/イスラマバード 17日 ロイター] - パキスタン南西部バルチスタン州クエッタで17日、キリスト教の教会で自爆攻撃が発生し、少なくとも9人が死亡、最大56人が負傷した。当局者が明らかにした。

州当局者によると、教会の入り口と屋根の上で警護に当たっていた警察が、襲撃犯のうち1人を射殺したが、もう1人は教会の礼拝ホールの外で自爆したという。

同州の警察トップは、信者ら400人近くが教会内でクリスマス前の礼拝に出席していたと述べた。

過激派組織「イスラム国」(IS)は、系列メディアのアマク通信を通じて犯行声明を発表した。攻撃の証拠は示していない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT