パキスタンの教会で自爆、少なくとも9人死亡

ISが系列メディアを通じて犯行声明

 12月17日、パキスタン南西部バルチスタン州クエッタで、キリスト教の教会で自爆攻撃が発生し、少なくとも9人が死亡、最大56人が負傷した。当局者が明らかにした。警察の誘導で教会から非難する人々。パキスタンのクエッタで撮影(2017年 ロイター/Naseer Ahmed)

[クエッタ(パキスタン)/イスラマバード 17日 ロイター] - パキスタン南西部バルチスタン州クエッタで17日、キリスト教の教会で自爆攻撃が発生し、少なくとも9人が死亡、最大56人が負傷した。当局者が明らかにした。

州当局者によると、教会の入り口と屋根の上で警護に当たっていた警察が、襲撃犯のうち1人を射殺したが、もう1人は教会の礼拝ホールの外で自爆したという。

同州の警察トップは、信者ら400人近くが教会内でクリスマス前の礼拝に出席していたと述べた。

過激派組織「イスラム国」(IS)は、系列メディアのアマク通信を通じて犯行声明を発表した。攻撃の証拠は示していない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。