「婚活開始の年齢」が結婚の成否を分けている

女性の婚活、「30歳以降開始」は成功者の約3割

婚活を経験したことがある人に対して、結婚相手と出会うためにどのような活動をしているか(したか)をたずねたところ、既婚男性の場合、「友人に紹介を依頼」の割合が30代後半で41.7%と最も高く、他の年齢層でも約3割を占めました。また、既婚男性を年齢層別に見ると、「合コン」の割合が30代後半で37.5%、40代前半で32.5%、40代後半で34.2%に対し、50代前半では16.4%と低くなっています。

一方、50代前半では「お見合い」が28.8%と最も高く、結婚相手との出会いの場として約4人に1人がお見合いをしていたようです。「結婚相談所」を利用した割合は40代後半で最も高く(35.5%)、40代前半と50代前半でも約3割となっています。「婚活パーティ」も人気で30代後半では36.5%と合コンに続き、40代でも約3割が利用しています。

未婚男性の場合は「婚活パーティ」が最も多い

未婚男性の場合、「婚活パーティ」が30.4%と最も高く、次いで「友人に紹介を依頼」(28.7%)、「結婚相談所」(25.3%)が続きます。

既婚女性の場合も、「友人に紹介を依頼」が30代後半では48.1%と約5割にのぼり、他の年齢層でも約4割を占めています。「婚活パーティ」を利用した割合は30代後半女性で最も高く、約2人に1人の割合(52.8%)でしたが、年齢層が上がるにつれてその割合は低くなり、50代前半では約4人に1人となっています。

「結婚相談所」の利用は、30代後半~50代前半を通じて約2割でした。また、男性と同様に「合コン」の割合は30代後半で41.7%、40代前半で43.1%、40代後半で36.6%と上位にランクインしているのに対して、50代前半では14.4%と低くランク外となっています。一方、50代前半では「お見合い」が38.9%と最も高く、約5人に2人がお見合いをしていたようです。

また、未婚女性の場合「婚活パーティ」が45.4%と最も高く、次いで「友人に紹介を依頼」(35.4%)、「合コン」(32.5%)が続きます。

次ページアラサー世代は「婚活パーティ」より…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT