ビットコインが軟調、直近で1万6000ドル付近

11日は過去最高値を付けたが…

 12月12日、仮想通貨ビットコインの取引が軟調。ルクセンブルクに本拠を置くビットスタンプ取引所では前日終値比0.5%(80ドル)安の1万6390ドル。直近では1万6000ドル付近。写真はビットコインのロゴ。ニューヨークのビットコイン・センターNYCで7月撮影(2017年 ロイター/Brendan McDermid)

[シンガポール 12日 ロイター] - 仮想通貨ビットコインが12日の取引で軟調。ルクセンブルクに本拠を置くビットスタンプ取引所<BTC=BTSP>では前日終値比0.5%(80ドル)安の1万6390ドル。直近では1万6000ドル付近。

11日は過去最高値となる1万7270ドルを付け、今年に入ってから20倍近くにまで値上がりしていた。

米シカゴ・オプション取引所(CBOE)に新規上場したビットコイン先物も下落。1月物<XBTF8>は価格が直近で1万7500ドル、取引高も初日の3956枚に比べて落ち込んでいる。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。