ビットコインが軟調、直近で1万6000ドル付近

11日は過去最高値を付けたが…

 12月12日、仮想通貨ビットコインの取引が軟調。ルクセンブルクに本拠を置くビットスタンプ取引所では前日終値比0.5%(80ドル)安の1万6390ドル。直近では1万6000ドル付近。写真はビットコインのロゴ。ニューヨークのビットコイン・センターNYCで7月撮影(2017年 ロイター/Brendan McDermid)

[シンガポール 12日 ロイター] - 仮想通貨ビットコインが12日の取引で軟調。ルクセンブルクに本拠を置くビットスタンプ取引所<BTC=BTSP>では前日終値比0.5%(80ドル)安の1万6390ドル。直近では1万6000ドル付近。

11日は過去最高値となる1万7270ドルを付け、今年に入ってから20倍近くにまで値上がりしていた。

米シカゴ・オプション取引所(CBOE)に新規上場したビットコイン先物も下落。1月物<XBTF8>は価格が直近で1万7500ドル、取引高も初日の3956枚に比べて落ち込んでいる。

人気記事
トピックボードAD
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。