ビットコインが軟調、直近で1万6000ドル付近

11日は過去最高値を付けたが…

 12月12日、仮想通貨ビットコインの取引が軟調。ルクセンブルクに本拠を置くビットスタンプ取引所では前日終値比0.5%(80ドル)安の1万6390ドル。直近では1万6000ドル付近。写真はビットコインのロゴ。ニューヨークのビットコイン・センターNYCで7月撮影(2017年 ロイター/Brendan McDermid)

[シンガポール 12日 ロイター] - 仮想通貨ビットコインが12日の取引で軟調。ルクセンブルクに本拠を置くビットスタンプ取引所<BTC=BTSP>では前日終値比0.5%(80ドル)安の1万6390ドル。直近では1万6000ドル付近。

11日は過去最高値となる1万7270ドルを付け、今年に入ってから20倍近くにまで値上がりしていた。

米シカゴ・オプション取引所(CBOE)に新規上場したビットコイン先物も下落。1月物<XBTF8>は価格が直近で1万7500ドル、取引高も初日の3956枚に比べて落ち込んでいる。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 親という「業」
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT