ビットコインが軟調、直近で1万6000ドル付近

11日は過去最高値を付けたが…

 12月12日、仮想通貨ビットコインの取引が軟調。ルクセンブルクに本拠を置くビットスタンプ取引所では前日終値比0.5%(80ドル)安の1万6390ドル。直近では1万6000ドル付近。写真はビットコインのロゴ。ニューヨークのビットコイン・センターNYCで7月撮影(2017年 ロイター/Brendan McDermid)

[シンガポール 12日 ロイター] - 仮想通貨ビットコインが12日の取引で軟調。ルクセンブルクに本拠を置くビットスタンプ取引所<BTC=BTSP>では前日終値比0.5%(80ドル)安の1万6390ドル。直近では1万6000ドル付近。

11日は過去最高値となる1万7270ドルを付け、今年に入ってから20倍近くにまで値上がりしていた。

米シカゴ・オプション取引所(CBOE)に新規上場したビットコイン先物も下落。1月物<XBTF8>は価格が直近で1万7500ドル、取引高も初日の3956枚に比べて落ち込んでいる。

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。