ビットコインが軟調、直近で1万6000ドル付近

11日は過去最高値を付けたが…

 12月12日、仮想通貨ビットコインの取引が軟調。ルクセンブルクに本拠を置くビットスタンプ取引所では前日終値比0.5%(80ドル)安の1万6390ドル。直近では1万6000ドル付近。写真はビットコインのロゴ。ニューヨークのビットコイン・センターNYCで7月撮影(2017年 ロイター/Brendan McDermid)

[シンガポール 12日 ロイター] - 仮想通貨ビットコインが12日の取引で軟調。ルクセンブルクに本拠を置くビットスタンプ取引所<BTC=BTSP>では前日終値比0.5%(80ドル)安の1万6390ドル。直近では1万6000ドル付近。

11日は過去最高値となる1万7270ドルを付け、今年に入ってから20倍近くにまで値上がりしていた。

米シカゴ・オプション取引所(CBOE)に新規上場したビットコイン先物も下落。1月物<XBTF8>は価格が直近で1万7500ドル、取引高も初日の3956枚に比べて落ち込んでいる。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。