「死にたい」とつぶやく18歳少女を救った言葉

危険なネット上の誘惑からこう抜け出した

「死にたい」とつぶやく背景にはさまざまな理由があるようです(撮影:今井康一)

前回(10代援交女子が「死にたい」から抜け出たワケ)、「死に方教えます」のDM(ダイレクトメッセージ)を受け取ったものの無視した都内の専門学校生(19)の話を伝えた。

中学2年生から援助交際をしていたが、サイバー補導されたことと彼氏ができたことをきっかけに「死にたい」とツイッターでつぶやく生活から脱出した、というものだった。

「死にたい」とつぶやく背景はさまざま

この女性の苦しみの根っこは両親の不和だったが、若者たちが「死にたい」とつぶやく背景はさまざまだ。

首都圏の大学に通う18歳の女性も「死にたい」とつぶやいたことがある。高校時代はほぼ不登校。私立の進学校に入学したものの、学校のカラーに馴染めなかった。電車に乗って学校に近づくと気分が悪くなった。

「自分は学校に行くこともできないダメな人間なんだ。この世にいないほうがいいんじゃないか」と思い詰めた。

「私、メンヘラだわ」とネットでつぶやくと「私も!」と共感される。メンヘラはメンタルヘルスが語源の「心の病を患った人」を指すネットスラングだ。「メンヘラは私だけじゃないんだ」と孤独を忘れられた。

そのころ学校に通っている友だちは、朝登校したら「(ツイッターに)あんなこと書いちゃダメじゃないの!」と担任に叱られたと言う。どうやら教師が交代でツイッターを監視しているらしい。

「学校はすべて管理されていて息苦しいところだと思った。私には耐えられない。もう絶対行けないや、って」

2年生の途中で退学した。ネットの世界で顔の見えない人だけと交流し、家に引きこもった。DMで「会おう」と誘われることもあったが、行かなかった。好奇心より、2人で会って何をされるかわからない怖さが先に立った。

危険な目には遭わずに済んだものの、彼女はどうやってネットの世界から抜け出せたのか。

次ページ立ち直ることができたのは母親のおかげ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。