「何もしない上司」に感謝すべき納得理由

「恵まれた環境」で成功するのは簡単だ

このままで自分の力がつくのかな?と不安なので、転職を考えています(写真:KAORU / PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

いわゆる大手といわれるIT企業に4月に入社しました。結論から先に言うと、転職を考えています。
業務としては新規事業の検討をしていますが(私はまだ自分の案件があるわけではありません)、上司の仕事を見ていて、仕事のスピードが遅いと感じたり、エビデンスにこだわりすぎているように感じています。
上司からはわからないことがあったら聞いてと言ってもらえるのですが、まず自分の考えを述べてから聞いてと言われます。が、理解するので精いっぱいで、自分の意見や考えを持てず、質問もできなくなってしまっています。
会社も業績はそんなによくなかったりしますし、このまま自分の力がつくのかな?と不安になったりしています。
しかし、これといってやりたい!と思うこともなく、激務じゃなくて、仲のいい職場で働きたい、人にアドバイスしたり、教えることがしたいなど、ふわっとしたことしかありません。自分に合うこと、やりたいこともわからない現状をどうすればいいのかわからないです。
正直、福利厚生などは今の会社ではすごく恵まれていますが、なんとなくずっとこの会社でいいのか?という不安があります。何かアドバイスをもらえると助かります。
IT企業の企画 O.T

環境が悪いからこそ、人は成長できる

この連載の記事一覧はこちら

現状の考えのまま転職をしても何も事態の打開には至らないでしょう。

O.Tさんは人にアドバイスをしたり、教えることを最終的なゴールにされているようですが、そのためにはご自身がもっとしっかりしないといけません。

現在の環境や上司の責任にして、やらない、できない理由を並べているようでは他人へのアドバイスも何もないでしょう。

次ページ環境がよければ誰でも成功できる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT