「失敗する起業家」に共通して欠けている視点

間違った意思決定が悲劇を招く

――アイデアはプランAでなくプランBでもいい?

アイデアは確かに重要だが、大切なのは実行だ。アイデアを教えたら盗まれそうだと隠したり、逆に諜報したりするのも意味がない。プランAという呼び方をしているものがB、C、Dとどんどんバージョンアップしていくことにポイントがある。ビジョン以外はいくらでもピボット(軌道修正)できる。アイデアで大事なのは仮説としているお客がいるのかどうか。そこの最低限のリサーチをし続ける。

――狙いは簡潔に。

核心をつくことだ。事業についても3つの言葉で表せると思っている。「誰が」「何を」「どのように」で。つまり誰の、どのような困りごとを、どのように解決するか、の3つが事業の80%を占め、残りの20%にどんなソリューションでやるかが入ることになる。どんなビジネスモデルにするのかは、実はさまつなことなのだ。

スタートアップをするにあたって大事なこと

――課題そのものの質も上げるのですね。

起業の科学  スタートアップサイエンス
『起業の科学 スタートアップサイエンス』(日経BP社/279ページ)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

スタートアップをするにあたって大事なのは、人生をかけて課題を解決したいと本気で思うかどうか。覚悟がないのにやってしまうと、その人は不幸になる。やりたくもない課題解決を自らに課すのではなく、むしろ課題を磨き上げる。言い方を変えれば、自分の課題として深く共感するものに仕立て上げ、問い続ける必要がある。

――顧客の欲しがるものを地道に作りながら。

スタートアップやベンチャーは地道な活動。データを取りながら日々改善していく。定量化し、どこがネックになっているのか探索する。カスタマーの行動をベースにして因数分解していく。自分の事業がよくわかっていれば因数分解できる。スライドなどで意図的にビジュアル化するのはチーム間の、つまり創業者間の共通理解を増やすためもある。

経営は創業者の質で決まる。ある程度のスケールになった際の一番のネックは経営者自身。経営者はスーパー人材であり、何でもやっていい。それがしばらくすると一番の弱みになる。いかに委譲していくか。そのためにも、前段としてあらゆることを定量化したり可視化したりすることをこの時点で習慣にしておきたいものだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT