悲運のエース、伊藤智仁は「幸運な男」だった

記録より「記憶」に残る男のヤクルト人生とは

ヤクルトのピッチャーとして11年、コーチとして14年ヤクルト一筋だった伊藤智仁氏。写真:(C)タイコウクニヨシ
1992年のドラフト1位でヤクルトスワローズに入団した伊藤智仁氏は、選手、コーチを通じて25年在籍し、2017年限りで退団した。来シーズンからはプロ野球の独立リーグであるBCリーグ(ベースボール・チャレンジ・リーグ)の富山GRNサンダーバーズ監督に就任する。「デビュー戦」から「最後の1日」までを見届け『幸運な男――伊藤智仁 悲運のエースの幸福な人生』を著した長谷川晶一氏が伊藤智仁の姿を振り返る。

野村克也、古田敦也が認める男

37勝27敗25セーブ――。これが、彼のプロ生活11年間、実働7年間のすべてである。決して特筆すべき大記録や好成績を残したわけではない。彼よりも、もっと成績のいい投手は他にもたくさんいる。それでも、2003年オフに現役を引退して、すでに14年が経過しているにもかかわらず、いまもなお彼に対する称賛の声は後を絶たない。

たとえば、すでに傘寿を過ぎた名将・野村克也は言う。

「彼は本当にピッチャーらしいピッチャーやったな。手足が長くてしなやかで。まるでピッチャーをやるために生まれてきたような身体だった。それに男気もあったし、“打てるものなら、打ってみろ!”という強気のピッチング。“地球は自分を中心に回っている”という一流ピッチャー独特のうぬぼれもあった。長い間野球と関わってきたけど、あんなピッチャーはなかなか出てくるものじゃないよ」

あるいは、希代の名捕手・古田敦也は言う。

「全盛時の彼なら、間違いなく、そのままメジャーでも通用しましたよ。賭けてもいい。アメリカ人たちがみんな、“アンビリーバボー”って驚いていましたよ(笑)。楽勝ですよ、当時の彼だったら。侍ジャパンでもエース格の扱いだったはずですよ」

野村、そして古田が絶賛する男、それが伊藤智仁だった――。

可動域の広い右肩ゆえに投じることのできた「高速スライダー」を引っ提げて、伊藤がヤクルト入りしたのが1993年のことだった。体調不良のため、開幕一軍にこそならなかったものの、4月20日にプロ初登板初勝利を挙げると、7月までに7勝(2敗)をマークし、防御率は驚異の0・91という数字をたたき出した。「直角に曲がる」と称された高速スライダーはセ・リーグの打者を面白いように翻弄していた。

次ページ「記録よりも記憶に残る男」と呼ばれる理由
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。