フィリピンの学生が全裸で疾走したワケ

ドゥテルテ大統領の残虐行為に抗議

 12月1日、フィリピンの学生クラブが全裸で疾走する毎年恒例のイベントを開催、今年はドゥテルテ大統領による残虐な対麻薬戦争や、南部でのイスラム過激派との戦闘における戒厳令発動への抗議を行った(2017年 ロイター/Dondi Tawatao )

[マニラ 1日 ロイター] - フィリピンの学生クラブが1日、全裸で疾走する毎年恒例のイベントを開催、今年はドゥテルテ大統領による残虐な対麻薬戦争や、南部でのイスラム過激派との戦闘における戒厳令発動への抗議を行った。

イベントでは、学生友好団体「Alpha Phi Omega」の男子学生らが、裸にマスクと頭巾を付けた姿で「戒厳令を解除せよ」、「殺人を止めろ」などと書かれたプラカードを掲げて校内を疾走した。

同団体は、今年の抗議テーマを選んだ理由を問われ「社会では暴力が激化しており、我がクラブは数千人が死亡している事態を無視できない」と語った。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。