フィリピンの学生が全裸で疾走したワケ

ドゥテルテ大統領の残虐行為に抗議

 12月1日、フィリピンの学生クラブが全裸で疾走する毎年恒例のイベントを開催、今年はドゥテルテ大統領による残虐な対麻薬戦争や、南部でのイスラム過激派との戦闘における戒厳令発動への抗議を行った(2017年 ロイター/Dondi Tawatao )

[マニラ 1日 ロイター] - フィリピンの学生クラブが1日、全裸で疾走する毎年恒例のイベントを開催、今年はドゥテルテ大統領による残虐な対麻薬戦争や、南部でのイスラム過激派との戦闘における戒厳令発動への抗議を行った。

イベントでは、学生友好団体「Alpha Phi Omega」の男子学生らが、裸にマスクと頭巾を付けた姿で「戒厳令を解除せよ」、「殺人を止めろ」などと書かれたプラカードを掲げて校内を疾走した。

同団体は、今年の抗議テーマを選んだ理由を問われ「社会では暴力が激化しており、我がクラブは数千人が死亡している事態を無視できない」と語った。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。