フィリピンの学生が全裸で疾走したワケ

ドゥテルテ大統領の残虐行為に抗議

 12月1日、フィリピンの学生クラブが全裸で疾走する毎年恒例のイベントを開催、今年はドゥテルテ大統領による残虐な対麻薬戦争や、南部でのイスラム過激派との戦闘における戒厳令発動への抗議を行った(2017年 ロイター/Dondi Tawatao )

[マニラ 1日 ロイター] - フィリピンの学生クラブが1日、全裸で疾走する毎年恒例のイベントを開催、今年はドゥテルテ大統領による残虐な対麻薬戦争や、南部でのイスラム過激派との戦闘における戒厳令発動への抗議を行った。

イベントでは、学生友好団体「Alpha Phi Omega」の男子学生らが、裸にマスクと頭巾を付けた姿で「戒厳令を解除せよ」、「殺人を止めろ」などと書かれたプラカードを掲げて校内を疾走した。

同団体は、今年の抗議テーマを選んだ理由を問われ「社会では暴力が激化しており、我がクラブは数千人が死亡している事態を無視できない」と語った。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT