フィリピンの学生が全裸で疾走したワケ

ドゥテルテ大統領の残虐行為に抗議

 12月1日、フィリピンの学生クラブが全裸で疾走する毎年恒例のイベントを開催、今年はドゥテルテ大統領による残虐な対麻薬戦争や、南部でのイスラム過激派との戦闘における戒厳令発動への抗議を行った(2017年 ロイター/Dondi Tawatao )

[マニラ 1日 ロイター] - フィリピンの学生クラブが1日、全裸で疾走する毎年恒例のイベントを開催、今年はドゥテルテ大統領による残虐な対麻薬戦争や、南部でのイスラム過激派との戦闘における戒厳令発動への抗議を行った。

イベントでは、学生友好団体「Alpha Phi Omega」の男子学生らが、裸にマスクと頭巾を付けた姿で「戒厳令を解除せよ」、「殺人を止めろ」などと書かれたプラカードを掲げて校内を疾走した。

同団体は、今年の抗議テーマを選んだ理由を問われ「社会では暴力が激化しており、我がクラブは数千人が死亡している事態を無視できない」と語った。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT