楽天の「がん光免疫療法」は何がスゴイのか

三木谷氏が考える「医療イノベーション」

自分たちがイノベーションをもたらすことができる分野については、しっかりやっていくつもりです(撮影:今 祥雄)
楽天グループを率いる三木谷浩史会長兼社長へのインタビュー。第3回は新しいがん治療「光免疫療法」に関して直撃した。三木谷氏は父親をがんで亡くしたこともあり、この分野には特別な思い入れを持っているようだ。

山田:2011年に米国立衛生研究所(NIH)の小林久隆主任研究員らのグループが開発した光免疫療法は、これまでのがん治療法とは大きく異なる新しい治療法として注目されています。この商業化を進めている米ベンチャー企業、アスピリアン・セラピューティクス(カリフォルニア州)には、これまで個人として出資をしてきましたが、楽天も出資を行って本格的にがん治療事業に参入します。この進捗についてご説明ください。

きれいにがん細胞が消えていく

三木谷:現在、がん治療のメインの流れは、免疫療法になっている。それに対し、光免疫療法のアプローチはまったく違っていて、基本的には「生物学」と「化学」と「物理学」の3つを組み合わせています。

どのように治療するのか。がんに特異的にくっつく抗体に特定の赤外線を照射します。すると、直後からがん細胞のみの壊死が始まるのです。

画期的なことは、これがさまざまながんに適用できる可能性がある。それでは、どのくらい効くのか。奏効率というものがありますが、これは1カ月後にがんの大きさが30%以上小さくなってる比率を示す数字です。光免疫療法は第1フェーズのテストでは、ほぼすべての患者に奏効がみられました。もうこれ第2フェーズまで終わっていて、第2フェーズではさらにいいパフォーマンスになっていると思います。

もう1つの指標として、もうがんは見当たりませんというレベルにまで完治する完全奏効率というのも、あくまで第1フェーズですが3割程度に完全奏効がみられています。第2フェーズの数字は、これよりもさらによくなっているはずです。

山田:きわめて画期的ですよね。

三木谷:患者にとってのメリットは、ほかの細胞にはダメージを与えず、がんだけに効く点にあります。つまり、正常細胞はやっつけないのでダメージが非常に少ない。つまり、副作用についても、ほぼないというかたちになっています。2つ目は、がん細胞の殺し方が特異なので、免疫がより活性化するというような効果も望めるかもしれない、ということがあります。

山田:米国では2019年度中に承認される見込みですか。

三木谷:承認を目指しています。

次ページ2年前はまだマウスの実験段階だった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT