楽天が人気プロスポーツを支援する深い理由

三木谷社長が描くブランド戦略の中身とは?

「ブランド価値が飛躍的に向上した」と語る楽天の三木谷浩史会長兼社長(撮影:今 祥雄)
3回に分けて掲載する楽天トップインタビューの第2弾はスポーツの話題。スペインの名門サッカーチームであるFCバルセロナや米NBAの強豪チームであるゴールデンステート・ウォリアーズとパートナー契約を結んだ狙いを聞いた。

山田:昨年11月にはFCバルセロナに4年間275億円、今年9月にはゴールデンステート・ウォリアーズへ3年間66億円という大規模なスポンサー契約を発表しました。金額が大きいものですから、どういう計算のもとにやっているのか気になります。

三木谷:バルサにウォリアーズ。象徴的なクラブとパートナーシップを結びました。金額としては大きく感じるかもしれませんが、テレビコマーシャルまで入れれば、メーカーさんってもっと使っていますよね。たとえばトヨタは年間に世界で宣伝費をいくら使ってるのか、といえば何千億円も使っている。楽天にはトヨタみたいに巨大なマーケティングの予算があるわけじゃない。

年間のバジェットが100億円だとして、いちばん有効に使うとすればどうすればいいか。そんな場合の方法としては今回、最高のやり方だと思います。何しろヨーロッパでバルサ、アメリカでウォリアーズという最高のクラブとパートナーシップを組むことができたわけですから。

山田:スポンサーシップではなく、パートナーシップと呼んでいますね。

バルサの試合は1カ月に20億人以上が視聴

三木谷:単純に今までのメーカーさんがやってるようなかたちで、ロゴを載っけるだけじゃなくてね、実際のアクティベーションみたいなことも、インターネット企業ですからうまく一緒にできるという意味では、パートナーです。本当に安いくらいだって感じですよね。これから、すごく値段上がると思います。もっと。

山田:楽天がパートナーになったことによって、クラブの価値も上がる、と。

三木谷:そうです。これからはバルサのファンクラブのIDも楽天のIDのプラットフォームの上に載っていきますからね。IDを一緒にするわけではありませんがバルサの3億人のファンが、1クリックでファンクラブの会員になれるようにしていく。これだけでも、クラブの価値は大きく上昇すると思います。

バルサの試合は1カ月に20億人以上が目にします。それがあの金額ですから「テレビコマーシャルに比べると相当お買い得だったね」ということだと思うんですよね。

山田:バルサはインドネシアなどアジアにもファンが多い。

次ページ想像以上の相乗効果があった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。