圧倒的に成功する企業に共通する5つの特徴

ダメなチームほど情熱足らず、殻を破れない

エアビーアンドビーは、ホスピタリティ業界にまったく新しい分野を作り出し、現在ではアメリカの大手ホテルチェーンよりも多くの部屋を宿泊先として提供している。

ネットフリックスはレンタルビデオ会社ブロックバスターを倒産に追いやり、今はHBO局のようなメディア業界の大手と対決しながら、番組や映画の配信・制作を手がけている。

そしてアリババは、台頭しつつあった中国のEコマース市場でイーベイを打ち負かし、市場価値において世界最大の企業の仲間入りをしている。

7社は、チームとチームワークに対する新しいアプローチを積極的に実験していく企業でもある。業務管理の一般的な手法には固執せず、つねに運営方法の改善に努めている。

たとえば一般の企業では給与情報は秘密にするものだが、ホールフーズはその逆で、全社員の給料額を社内でオープンにしている。透明性こそが大切だと確信し、従来ながらの発想に背いているのだ。

ホールフーズに限らず、7社はつねにベストプラクティスを模索している。他社が導入した手法を単純に模倣するわけではない。彼らは、一般の企業にはあまり見られないレベルのパワフルさと創造性を備えた、興味深い企業だと言うことができる。

成功しているチームには共通点がある。たとえば次に述べる5つの点を重視していることだ。一般的なチームとの対比で見ていこう。

成功しているチームが重視する5つの点

(1)執着心を共有する

成功しているチームのメンバーは、自分が手がけている仕事と、自分が加わっている企業に対し、強いこだわりを抱いている。カルト的と言えるほどの熱の入れようで、自分たちの力で世界を変革するのだと考えている。逆境も克服できると心の底から信じている。

一般的なチームでは、社員は自分の仕事を「こなすべき作業」――プロとしてしっかりやり遂げるとしても――ととらえており、仕事やチームの存在意義に対する熱い思いを共有することはない。

(2)採用は能力よりも適性

優れたチームは、メンバー個々人の資質を重視している。チームの目標達成に寄与する意欲、価値観、気質を兼ね備えたメンバーが適切にミックスされるよう、独自の手法を導入している。企業やチームの文化にフィットする人材を採用し昇進させる。そうした人材にチームへの参加を求め、そうでなければ去ってもらうことも辞さない。

一般的なチームでは、過去のキャリアや業務能力にもとづいてメンバーを選ぶことが多い。

次ページ残りの3つは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。