瀬戸内寂聴は29歳おちゃめ秘書が支えている

寝起きに下着を見せて「かわいいでしょ?」

――寂聴先生、まなほさんは心配ですって。

寂聴:病気になったときね、本当に優しくしてくれたのよ。私の髪の毛も剃ってくれるしね。うまいんです。床屋になったらいいと思うぐらい(笑)。顔のパックをしてくれたり、マッサ―ジをしてくれたりするんです。

ただ、こうやってマッサ―ジをしながら「どうしてこの鼻筋がないんでしょうね」って言うの。私の鼻、低いでしょ。それで「これじゃ転んでも、鼻は怪我しない、頬っぺたが怪我しますね」って。そんなこと言いながらマッサージをする。普通そんなこと言う? 思っても言わないわよ(笑)。

――まなほさん、なかなか辛辣ですね。

まなほ:思ったことを言っただけです(笑)。

寂聴:もう笑うしかないじゃない(笑)。怒れないでしょ(笑)

まなほ:先生は、私がからかうと笑ってくれるんです。それで怒ったことないんですよね。例えば、足が短いとかお腹が出てるとか、そういうこと言っても、いつも笑ってくれて。

寂聴:だってね、95歳のばぁさんが「足が長い」とかね「スタイルがいい」なんて言われるはずないじゃないの(笑)。

「死ぬ死ぬ詐欺」でなかなか死なない

ぼけてると思って、全部まなほに言うんですよ(笑)(写真:KEI YOSHIKAWA/HUFFPOST JAPAN)

――寂聴先生は口癖のように「どうせもう死ぬんだから」と、よく仰ると聞きました。

まなほ:でも「死ぬ死ぬ詐欺」でなかなか死なない(笑)。ずっと言い続けてるんですけどね。

寂聴:ここのところ、よく病気して入院したでしょ。そうすると病院の先生は、私がもう「ぼけてる」と思ってるんですよね(笑)。

それですぐ「あのキレイな若い秘書さんは、今日はまだ来ないんですか?」って言うの。私の病状とか、「こうしなきゃいけない」ってことを、私にもう言わないの。ぼけてると思って、全部まなほに言うんですよ(笑)。

胆のうがんの時だって、私が横で寝てるのに病院の先生は私を無視して、まなほに説明するの(笑)。

――そんなことがあったんですか?

まなほ:いや、これには理由があって……。最初はちゃんと「瀬戸内寂聴さん」を尊重して話してたんですけど。先生ったら、聞こえてないのに聞こえたふりするんですよ。それで結局「この人、何も分かってない」ってことがばれて(笑)。

次ページ聞こえたふりをしていたがまったくわかっていなかった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT