瀬戸内寂聴は29歳おちゃめ秘書が支えている

寝起きに下着を見せて「かわいいでしょ?」

瀬尾まなほさん(左)と瀬戸内寂聴さん(写真:KEI YOSHIKAWA/HUFFPOST JAPAN)

瀬戸内寂聴、95歳。

チャーミングな笑顔の「尼僧」として知られるが、かつては夫の教え子などとの不倫も経験。女性の愛と性を巧みに描く「作家」としての顔も持つ。

そんな寂聴さんも御年95歳。ここ数年は腰の圧迫骨折、胆のうがん、心臓と足のカテーテル手術を経験。壮絶な闘病生活は3年近く続いた。

それでも、寂聴さんは死ななかった。身体が小さく、背中が丸くなっても、創作意欲は衰えない。そんな寂聴さんを支えるのが、29歳の秘書・瀬尾まなほさんだ。

寂聴さんとは"タメ口"で言いたいことを言い合う間柄。「まなほがきてから、もう朝からずっと笑いっぱなし」と、寂聴さんは嬉しそうに語る。

66歳の年の差を感じさせない絆は、どのようにして生まれたのか。ハフポスト日本版は2人に話を聞いた。

「文学少女じゃない、それだけで◎だった」

本記事は「ハフポスト日本版」からの転載記事です。元記事はこちら

――7年前、秘書になったきっかけは、大学時代に京都のお茶屋さんでアルバイトをしていた友人のご紹介だそうですね。

瀬尾まなほ(以下、まなほ):はい。友人から、身の回りのお世話やマネージメントをする秘書の募集があると紹介されました。先生に初めてお会いして、面接してもらった日、その場で採用されました。

――最初お会いになったとき、先生のことどう思いました?

まなほ:すごく緊張はしたんですけど、思ったより小柄で、とてもかわいらしい人だなっていうのが第一印象ですね。実は、名前と尼さんっていうことは知ってたんですけど、小説家だってことは知らなかったんです。

でも、全然怖くもなく、面接のときも気さくでした。打ち解けやすい方だなあと。

次ページ寂聴先生はまなほさんのことをどう思ったのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT