いまや読書感想文もメルカリで買える時代だ

現役教師は「一発で見破れる」と述べるが…

自分で書かないの?(画像:mercari.com )

8月も残すところあと一週間。夏休みも終盤を迎え、いまだこなせていない宿題の山に絶望する子供もいるかもしれない。

本記事は「ハフポスト日本版」からの転載記事です。元記事はこちら

そんな中、ネットのフリーマーケットサービス「メルカリ」で「夏休みの宿題にどうぞ!」などの売り文句で「読書感想文」や「自由研究」の完成品が販売され、物議を醸している。

実際にどんなものが売られているのか、メルカリを覗いてみた。

「夏休み 宿題」「読書感想文」で検索すると...

「夏休み 宿題」「読書感想文」などで検索すると、読書感想文や手作りの工作が商品として表示される。

mercari.com

すでに売れている「宿題」もある

商品ページには、

「受験勉強や家庭の事情で自由研究を手伝う時間がない方へ」
「中学受験頑張っているお子さん、スポーツで忙しいお子さん、夏休みにたっぷり遊びたいお子さんを応援します」

親に向けたこんな甘い言葉が並ぶ。 価格は数百円〜数千円のものもあった。

次ページあくまで「自己責任」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。