トラブル対応で株を上げる人と下げる人の差

最速で問題解決する人が実践する3つのこと

私の配下のチームで次のようなことがありました。あるリーダーが「いま問題のあるタスクが30個もあって、どうしていいかわかりません」と私のところに相談しに来ました。話を聞くと、かれこれ半年以上、解決を先延ばしにしていたことが積もり積もって30個も溜まってしまったとのこと。プロジェクトの大きな節目が1カ月半後に迫っている中、何からどう手をつけていいかわからなくなってしまっていたのです。

私はその報告をざっと確認し、30個の問題について、

・課題の内容
・現在の状況
・担当者
・難易度
・影響度
・優先度

などの情報を図のようなマトリクスで整理するように指示しました。

このマトリクスで枠に沿って整理した結果、実は3分の1はすでにやるべきことが決まっていて、解決されていたことがわかりました。あとは、残りの課題を影響度と優先度の高いものから順次片づけていくという方針にしました。

状況を整理する枠を作ることで、これまでどうしていいかわからなかったリーダーが簡単に状況を整理し、把握することができるようになったのです。

最速で問題を解決する3原則② 全体像をとらえる

よく、「あの人は重箱の隅ばかりつつくよね」などと言われることがあります。全体のバランスを考えず、さまつなことばかりにとらわれていることを揶揄する言葉です。

では、そのような人たちはなぜ重箱の隅をつついてしまうのでしょう? 答えは明らかで、そこが「重箱の隅」であることに気づいていないからです。重箱の全体像がわかっていなければ、自分がつついているところが隅なのか真ん中なのか、把握することができません。

私が若手の頃、会議などで上司からしばしば「いま話しているものの総量はいくつなの?」「全体がわからないと判断できないな」と指摘されました。

当時は「なぜそんなことをいちいち確認するのか?」と理解できなかったのですが、自分がリーダーとして大きなチームを率いるいまとなっては、その意味がわかるようになりました。

次ページ思考の選択と集中
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT