ジンバブエのムガベ大統領、辞任要求を拒否

批判を受けている点は認めたものの…

 11月19日、ジンバブエのムガベ大統領(写真)はテレビ演説を行い、与党などからの辞任要求に応じる姿勢を示さなかった。ハラレで17日撮影(2017年 ロイター/Philimon Bulawayo)

[ハラレ 19日 ロイター] - ジンバブエのムガベ大統領は19日にテレビ演説を行い、与党などからの辞任要求に応じる姿勢を示さなかった。政府や軍指導部に近い関係者の話では、ムガベ氏はこの演説で辞任を表明するとみられていた。

しかし同氏は、与党や軍、国民から批判を受けている点は認めながらも、自身の立場には言及せず、12月に予定されている与党の大会を主催する意向を表明した。

与党側はムガベ氏に24時間以内に辞任しなければ、議会で大統領の弾劾に動くと警告している。また与党執行部は既に、新党首にムナンガグワ前第1副大統領を指名した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。