国際帝石、カザフの巨大油田で生産開始

最大で日本の石油消費量約10年分に相当も

国際石油開発帝石(国際帝石)は9月11日、カザフスタン共和国・北カスピ海沖合鉱区にある世界有数の巨大油田である、カシャガン油田(写真)での原油生産を開始した。資源小国・日本にとっても大きなニュースだ。

同社は1998年、子会社のインペックス北カスピ海石油を通じて同鉱区の7.56%の権益を取得、カザフスタン国営石油会社ケーエムジーやエクソンモービル、シェル、エニなど石油メジャーと共同開発を行ってきた。

当面、カシャガン油田では第1次開発の初期生産として、10月上旬ごろに20本の生産井から日量18万バレルの生産量が計画されている。来2014年の秋ごろには40本の生産井で日量37万バレルまで引き上げられる予定であり、その時点で国際帝石の子会社の権益比率や契約内容を反映したネットの生産量は約2万バレルとなる。

これは国際帝石の世界全体における12年度の生産量40.8万バレル(天然ガス、石油ともに原油換算)の約5%に相当する。

可採埋蔵量100億バレル超、将来は日量100万バレルも

カシャガン油田は原始埋蔵量で350億バレル、可採埋蔵量で90億~130億バレル(日量37万バレルで100年分近く)の原油を有する巨大油田。最大で130億バレルという可採埋蔵量は日本全体の石油消費量の約10年分に相当する。同油田ではカザフ政府の認可が下り次第、第2次、第3次開発へ進む方向。

さらに北カスピ海沖合鉱区では、カシャガン油田のほかに、南西カシャガン、アクトテ、カイラン、カラムカスと呼ぶ4つの既発見未開発構造が確認されている。将来、これらの開発によって生産量が大幅に増加する可能性が高い。来2014年の目標である日量37万バレルから、将来は日量100万バレル前後へ拡大したとしても不思議はない。

今回の原油生産開始の意義について、国際帝石の板野和彦・常務執行役員経営企画本部副本部長は、「巨大油田の現場で操業主体としてかかわることにより、技術力、総合管理力を蓄積できるという技術面の意義に加え、会社の収益に寄与するという経済的な面での意義がある」と話す。

次ページ15年度には純益で100億円超も貢献
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT