視察が絶えない小売店、「イータリー」の実力

イタリア発の新業態に業界関係者が注目

店頭ではフルーツの生絞りのジュースを販売(撮影:尾形文繁)

10月下旬、東京駅の丸の内地下街を歩いていると、色とりどりのフルーツを並べた店が目に入った。店内には、野菜や生ハム、チーズ、パスタなども陳列されている。

奥に入ると、中央にサンドイッチやピザなどを作る厨房が配置され、100席以上のレストランスペースもある。約450平方メートルの店内は、さながら“食のテーマパーク”といった雰囲気だ。

「EATALY(イータリー)」という看板を掲げたこの店舗は、8月末に東京駅構内の商業施設グランスタ丸の内にオープンした。店内は何もかもイタリア尽くし。ワインは常時150種類をそろえ、オリーブオイルなどは、絞りたての商品が出れば随時入れ替える。

ネット販売との差別化のヒント

ピザは生地から作り上げる(撮影:尾形文繁)

実は今、この店を視察に訪れる小売り関係者が絶えない。ある食品スーパーの幹部は「これまで総菜など中食を強化してきたが、売り上げは頭打ち。ネット販売との差別化のためにも、“食のテーマパーク”というコンセプトは参考になる」と語る。

イータリーは2007年にイタリア・トリノで誕生した。現在、米国やブラジルなど世界12カ国で38店舗を運営、2017年度の売上高は5億ユーロ(約655億円)を計画する。

日本では2015年、三井物産などと合弁会社を設立し、現時点で日本橋三越店と今回出店したグランスタ丸の内店の2店を運営している。

次ページ【スライドショー】”食のテーマパーク”はこうなっている
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT