ファミマが年2億本「焼き鳥」販売を狙うワケ

看板商品を"承継"、販促手法も大幅見直し

6月27日からファミリーマートが販売を始める焼き鳥。リン酸塩の使用をゼロにして、鶏肉本来の食感を引き出した(撮影:風間仁一郎)

「焼き鳥商品は競合他社もチャレンジしていて、需要は大きい。われわれも徹底的に力を入れていく」。ファミリーマートの澤田貴司社長はそう宣言した。

ファミマは6月27日から沖縄、鹿児島、宮崎を除く全国の店舗で焼き鳥の販売を始める。看板商品であるファミチキとともに、レジ横のカウンター商材として投入。同社が焼き鳥商品を販売するのは初めてのことだ。「ももタレ」「もも塩」「かわタレ」「かわ塩」の4種類を展開し、価格はいずれも税込み128円とした。

サークルKサンクスの看板商品を刷新

「焼き鳥は彼らが持っていたノウハウを活用して、さらにおいしいものを作った」。澤田社長が”彼ら”と呼ぶのはサークルKサンクスのことだ。

昨年9月、ファミリーマートはサークルKサンクスを傘下に持つユニーグループと経営統合を果たした。サークルKサンクスは2018年8月までに全店舗がファミマブランドに転換される予定だ。

商品は原則、ファミマのものに統一されている。ただ焼き鳥はサークルKサンクスにおいて年間1億本を売り上げるヒット商品だった。その看板商品を生かさない手はない。現時点でファミマに看板替えをしていない「サークルK」と「サンクス」の店舗では、ファミマに先駆けて6月6日から今回の焼き鳥を販売する。

商品の大きさや使用する部位は、かつてサークルKサンクスで販売していたものと変らないが、味付けに使うタレや塩を一新した。焼き鳥をメインに並べる什器も新たに各店舗に導入。以前は保温什器を使っていたが、今回からは常温什器に変更した。肉汁が飛ぶのを防ぎ、鶏肉本来の食感を引き出せるという。

2016年12月にはローソンが「でか焼き鳥」と銘打った商品を発売している。澤田社長は「ローソンさんを意識しているわけではない」と前置きしたうえで、「サークルKサンクスで売っていたのが1番のベースであり、加盟店や消費者の方から要望があった」と焼き鳥投入の理由を説明した。ファミマは焼き鳥の発売後1年間で2億本売り上げる目標を掲げる。

次ページ焼き鳥の販売を始める本当の理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。