「ワンオペ育児」を単なる流行語で片付けるな

育児は「休暇」という考えは間違っている

中原:先ほどの「シラク3原則」についてなのですが、「3年間育児をやったら、3年間働いたこととみなす」という原則、とても画期的だと思いました。どうしても日本では、育児休業というと「ああ、休めていいね」といった反応になります。「いや、全然休んでるわけじゃないんだけどな……」と思うのですが。

出口:本当はその間にしっかりとキャリアを積んでいるんですけれどね。社会貢献活動ですしね。

浜屋:そして、国の制度としては「育児休業」なんですが、「育児休暇」という言い回しも結構用いられています。これはさらに、「休んでのんびりしている」というイメージですよね。

出口:育児を通して大事なことを学んでいるわけですから、いっそのこと「育児留学」にしたらどうですか?

浜屋:いいですね。次世代人材の育成を行う「育児留学」ということで。

中原:言葉って大切ですよね。

出口:そういえば、先日も、言葉って大事ですね、という話をしていました。NHKの中央放送番組審議会の大日向雅美委員長と2人で「敬老の日をなくそうよ」という話になったのです。

若者が高齢者を支える構図は間違っている

浜屋:「敬老の日」をですか。それはどうしてですか?

出口:今、日本の若い人に話を聞いたら、多くの人が「未来は暗い」と言うのです。その根拠は、これまでは若者10人で高齢者1人を支えていたのに、これからは若者1人が1人の高齢者を支える方向に向かっていきます。だから「暗いに決まってる」というわけです。

浜屋:少子高齢化が進むことで、若者には負担が大きくなっていく不安があるのですね。

出口:わたしはそもそも若者が高齢者を支える「Young Supporting Old」という考え自体が根本的に間違っていると思っています。人間は動物です。動物の中で、若者が高齢者の面倒をみている動物はどこにもいません。ヨーロッパでは、もう20年前から「All Supporting All」、みんなが社会を支えるという考え方に変わっています。

出口氏は沈む船から助けるべきなのは「子ども、女性、男性、高齢者」の順番だとも話しました(撮影:今井康一)

ですが、動物を見るとそれでもまだ足りません。動物の世界では高齢者が次の世代を育てています。

だから高齢者が若者を支える「Old Supporting Young」が正しい。そのためには、まず「敬老の日」をなくそう、と。大日向さんとお酒を飲みながらそんな話で盛り上がりました。これは高齢者しか言えないし、高齢者しかできないことなんです。

浜屋:お祝いされる立場にある高齢者にしか、ですか?

出口:これを若者が言ったら、年寄りが激怒するでしょ? でも、古希のわたしと、わたしより少し年上の大日向先生が言っても誰も怒らない(笑)。

浜屋:なるほど。あえて少し極端なことを言ってみることが効果的かもしれないですね。敬うという気持ちの部分は別として、社会で当たり前になってしまっているような思い込み、価値観に揺さぶりをかけるためには必要だと思います。

中原:確かに、言葉は大事ですよね。「敬老」という言葉はありますが、「子どもや若者を大事にしよう」という言葉はあまり、浮かんできませんしね。

次ページワークライフバランスを疑う
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT