天職を探す一番の近道は?

外資系金融→フェイスブック→スタートアップ!!

マンガ家を目指したら、社長になっていた

私のスタートアップへの道は、目の前にある気になることに、全部手をつけてみたことから始まりました。

実は、私がウォンテッドリーを始めたきっかけは、「マンガ家になるために、会社を辞めた」ことです。私は、子どもの頃からずっと、マンガが大好きでした。ですが、中学生からマンガを書き始めたものの、真剣にチャレンジすることのないまま大学生になり、就職活動の時期を迎えました。

「マンガ家になりたい、でも、これまで何もしてこなかった私がそんなことを言ったら、みんなに笑われるんじゃないか……」

そんな思いにとらわれて、チャレンジすることなく、就職をしてしまったのです。
でも、就職してからも、やっぱりマンガがやりたいと思う気持ちが抑えきれず、もんもんと悩み続けました。ゴールドマン・サックスで働き始めて2年目の夏。ついに会社を辞めて、就職していた東京を離れ、母の単身赴任先である北海道にこもってマンガを描き始めました。

そうはいっても、もちろん「会社を辞める」「マンガ家に挑戦する」というのは、自分の人生の中でも、ものすごく大きい出来事でした。

それまでの私は、「人の目を気にして」、どんな仕事をするか決めていました。

たとえば就職活動のときもそうでした。

大学の友人は、次々に一流企業の内定をもらっていきました。
そんな中で、人から“すごい”と思われるような会社に就職したい、という思いがわたしの心を大きく支配していました。

そんな気持ちで就活をしましたから、「絶対にここで働きたい」と思える会社に巡り会うこともありませんでした。

それどころか、本当は、小学生の頃から夢だった、「マンガ家になりたい」という気持ちを捨てきれないようになっていきました。

でも、それまで特にマンガについて学んできたわけでもない私が、「これからマンガ家を目指す」なんて言ったら、友人にびっくりされるんじゃないか、それどころかバカにされるんじゃないか……、そう思うと決心がつかず、自分の本当の気持ちにふたをしながら就職活動をしていました。

次ページフェイスブックに入社するきっかけとなった「偶然の出来事」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT