天職を探す一番の近道は?

外資系金融→フェイスブック→スタートアップ!!

マンガ家を目指したら、社長になっていた

私のスタートアップへの道は、目の前にある気になることに、全部手をつけてみたことから始まりました。

実は、私がウォンテッドリーを始めたきっかけは、「マンガ家になるために、会社を辞めた」ことです。私は、子どもの頃からずっと、マンガが大好きでした。ですが、中学生からマンガを書き始めたものの、真剣にチャレンジすることのないまま大学生になり、就職活動の時期を迎えました。

「マンガ家になりたい、でも、これまで何もしてこなかった私がそんなことを言ったら、みんなに笑われるんじゃないか……」

そんな思いにとらわれて、チャレンジすることなく、就職をしてしまったのです。
でも、就職してからも、やっぱりマンガがやりたいと思う気持ちが抑えきれず、もんもんと悩み続けました。ゴールドマン・サックスで働き始めて2年目の夏。ついに会社を辞めて、就職していた東京を離れ、母の単身赴任先である北海道にこもってマンガを描き始めました。

そうはいっても、もちろん「会社を辞める」「マンガ家に挑戦する」というのは、自分の人生の中でも、ものすごく大きい出来事でした。

それまでの私は、「人の目を気にして」、どんな仕事をするか決めていました。

たとえば就職活動のときもそうでした。

大学の友人は、次々に一流企業の内定をもらっていきました。
そんな中で、人から“すごい”と思われるような会社に就職したい、という思いがわたしの心を大きく支配していました。

そんな気持ちで就活をしましたから、「絶対にここで働きたい」と思える会社に巡り会うこともありませんでした。

それどころか、本当は、小学生の頃から夢だった、「マンガ家になりたい」という気持ちを捨てきれないようになっていきました。

でも、それまで特にマンガについて学んできたわけでもない私が、「これからマンガ家を目指す」なんて言ったら、友人にびっくりされるんじゃないか、それどころかバカにされるんじゃないか……、そう思うと決心がつかず、自分の本当の気持ちにふたをしながら就職活動をしていました。

次ページフェイスブックに入社するきっかけとなった「偶然の出来事」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。