天職を探す一番の近道は? 外資系金融→フェイスブック→スタートアップ!!

✎ 1〜 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 最新
拡大
縮小

ココロオドル仕事を見つける方法

「ココロオドル仕事がしたい」

「死んだ魚のような目をして、電車に揺られる人生は送りたくない」

ずっと、そう思ってきました。この連載では、ずっと“ココロオドル仕事”をしている方との対談をお送りしてきました。

このたび、貴重な機会をいただいて、「ココロオドル仕事……つまり、自分に合っていて、楽しくて、人から求められるような仕事」を見つけるための方法を書いた本を出すことになりました。

その記念として、

・私自身が、どうやってココロオドル仕事を見つけたのか?

・どうすれば、ココロオドル人生を送ることができるのか?について、本の中から抜き出しながらつづります。

その前に少し、私自身の自己紹介をさせてください。京都大学経済学部を卒業して、ゴールドマン・サックス証券株式会社に就職しました。

退職後は、フェイスブック ジャパンに入社、その後、ウォンテッド株式会社代表取締役CEOとして、フェイスブック上で採用活動をするためのソーシャルリクルーティングサービス「Wantedly(ウォンテッドリー)」を運営しています。

大学卒業からわずか2年後の24歳で会社を辞めて起業をしたからか、「その歳で、もう天職を見つけたんですね」と言われることがあります。

でも私は、「これが自分の天職だ! これをやろう!」と思ってウォンテッドリーを始めたわけではありません。最初から「ウェブサービスを作ろう!」と決めてゴールドマン・サックスを辞めたわけでもありません。

「SNSがはやるから、そこで何かやれば儲かるに違いない!」なんて思ったことも、ましてや「就職活動のやり方を変えたい」という熱い思いを持っていたわけでもありませんでした。私がゴールドマン・サックスを辞めて、スタートアップに踏み切るまで、紆余曲折がありました。

では、最初にスタートアップに至るまで何をしてきたのか、ということについてお話しようと思います。

次ページマンガ家を目指したら、社長になっていた
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT