東大はもう"オワコン"なのか?

藤原和博とスーパーIT灘高生が考える(中)

 ある分野で超一流でもほかの分野を知らない

Tehu 全分野で勝てない人が必ずいるんですが、でもその人と話していると、ボクはほかの分野もできるし、ほかの分野に知り合いもいるし、逆にその人に頼りにされたりして、ある意味、対等な立場になれるんです。 

藤原 ああ、その人はそっちの分野の超一流だけど、ほかの分野を知らなかったり、ネットワークがなかったりするから。 

Tehu はい。ウィンウィンの関係で、その人はもちろんプロフェッショナルだから、ボクはその分野でお世話になるし、ボクはその人に、たとえば「今度、あの人をご紹介しますよ」ってつないだり。 

藤原 アニメの製作なんかは、100200も別の職種をつなぐでしょう。Tehu君が、ある時点で1つの分野にグッと入っていくのかどうかに興味がある。そこで、これまでの英語やITやデザインやしゃべりの能力が全部生きてくるみたいな。 

だってスティーブ・ジョブズも大学時代にタイポグラフィーの勉強をしているでしょう。それでこだわりの逸品が生まれるわけじゃないですか。Tehu君がそれをいつか発見するのか、まだわからないところだね。 

Tehu わからないですね。 

「人類1.0」から「人類2.0」へ

藤原和博(ふじはら・かずひろ)
杉並区立和田中学校・前校長、教育改革実践家 1955年東京生まれ。78年東京大学経済学部卒業後、リクルート入社。東京営業統括部長、新規事業担当部長などを歴任後、93年より欧州駐在、96年同社フェローとなる。2003年より5年間、都内では義務教育初の民間校長として杉並区立和田中学校校長を務める。08から11年、 橋下大阪府知事ならびに府教委の教育政策特別顧問。著書にベストセラーになった「人生の教科書」シリーズ(ちくま文庫)のほか、ビジネス系では『リクルー トという奇跡』(文春文庫)、教育系では『校長先生になろう!』(ちくま文庫)などがある。『坂の上の坂』(ポプラ社)は12万部を超えるベストセラーに。最新刊は『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』(東洋経済新報社)

藤原 その前の世代の人たち、いまの日本の産業をつくった人たちをもし「人類1.0」とすれば、その次は「人類1.5」ぐらい。Tehu君って「人類2.0」ぐらいのスペックかなと思うよ。全然、予想を超えた展開をしてくれそうで、Tehu君の人生劇場が楽しみだな。 

オレはオレでね、ちょっとここでは終らないというか、もうひと勝負、そろそろかけたいところがあるんですよ。これまでだいたい27歳、37歳、47歳と、過去の蓄積を全部捨てるということをやっているの。 

27歳のときは、自分が得意だった企画営業の世界を捨てて大阪に行った。まあ、これは会社の辞令で転勤だけど。「大阪弁をしゃべらなきゃ人類じゃない」ぐらいの土地でベタベタの営業をやったんです。それでオレの営業力はものすごく強くなった。正月に海老を持って取引先の部長の家を訪ねるという「宅訪(たくほう)」をやったりね。まず大卒のヤツがやらないようなことを楽しくやって鍛えた。 

37歳のときは、リクルートを捨ててヨーロッパに行って、成熟社会というものを見た。 

47歳のときは、自信を持っていた民間企業でのマネージメントを捨てて、それが通用しないかもしれない学校という世界に飛び込んだ。和田中(杉並区立和田中学校)の校長になって、自分のマネージネンメントの力をノンプロフィットで活かしたらどうなるかに挑戦した。 

3つの分野が遠いほど可能性が広がる

3つの分野で「100人の1人」になろうとするとき、それぞれの分野が遠いほうが、三角形の面積が増えて自分の可能性が広がるんです。3点がどんと広がって、他者から与えられる信任、オレはクレジットと呼んでいるんだけど、それが圧倒的に増えた。 

ここでたぶんオレは世代に1人ぐらいのレアな存在にはなったと思う。ビジネス、人生、教育の分野をまとめて語れるのはオレぐらいだからね。 

いま講演をやると、1回50万円ぐらい取れるんです。講演にも序列があって、「お車代3万円の人」「10万~20万円の人」「50万円の人」「100万円の人」がいる。序列は何で決まるかというと、その人のレアさ。希少性が高ければ高いほど、聴衆に価値を提供できるから序列が上がっていくんです。 

それはともかく、オレはもう田舎に引っ込んで穏やかに暮らすという手もあるんだけど、57歳だから、また全部捨てて、もう一発やりたくなっているわけ。ビジネスのマネージメント、ノンプロフィットのマネージメントがまったく通用しない世界で挑戦してみたい。 

──たとえばどういう世界ですか? 

藤原 宮内庁長官とかやりたいね。やんごとなき世界は、オレの過去の蓄積がまるで通用しないだろうから。仮に破滅したとしてもやってみたいという恐怖感に対する興奮がある。 

Tehu君は勉強ができるのにそれを捨てて、東大を受けないんだって? 

Tehu はい。

次ページ役に立たない帰国子女、鼻っ柱だけ強いIT坊や
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。