つみたてNISAで運用すると失敗しにくい理由

今年のノーベル経済学賞ともつながっている

さて、株価が上昇して来た現在、日本の一般個人に資金運用の世界でセイラー式の「ナッジ」を与えるには、どうしたらいいだろうか。投資の世界では、リスクを取って株式などに投資すると、「長期なら絶対に儲かる」とは言えないので強調の加減が難しいのだが、「無理のない程度にリスクを取って投資をしてみることは“たぶん”いいことですよ」、「やってみませんか」というくらいの勧めをすることは、“おそらく”いいことだろうし、大方の常識にも反しない。

なぜ「つみたてNISA」は、損をしにくいのか

しかし、これまで、「貯蓄から投資へ」の掛け声のもとに、結局は手数料稼ぎに血道を上げて来た証券界に対して、日本の幅広い個人は直感的な不信を持っている。

個人を投資に誘い、且つなるべく間違えさせずに、願わくは小さくても成功体験をプレゼントできる、何かいい「ナッジ」の材料はないかと探してみたら、来年からスタートする「つみたてNISA」に思い至った。

つみたてNISAは、大まかには、①年間40万円までの、②積立投資を行い、③得られた利益に対して20年間課税しない(つまり最大限の非課税投資枠は800万円になる)、という制度だ。しかも金融庁が「ノーロード」(販売手数料ゼロ)で、運用管理手数料が安いなど、かなり厳しい条件を付けた商品に対象を限定したこともあって、手数料稼ぎの悪影響を受けにくく、また少額の積立で投資するので「大きく失敗しにくい」性質を持った投資体験が可能だ。筆者は、つみたてNISAは、金融庁が作った「投資教育教材」だと思っている。

課税所得のある人には確定拠出年金(個人型の愛称は「iDeCo」)の税金のメリットが大きいので、先ずはこちらから、というのが一応のセオリーではあっても、60歳以前でも引き出しが可能な分(確定拠出年金は原則として60歳以前に引き出せない)、精神的には気楽な面もあるので、月々1万円くらいからでいいので、つみたてNISAをやってみるといい。投資対象には、外国株式と国内株式のインデックス・ファンドで手数料の安い物を1本ずつ選ぶことをお勧めする。職場の仲間などと一緒にやってみるのもいい。悪くない「ナッジ」だと思うのだが、いかがだろうか。

次ページさて競馬コーナー。週末は伝統の「アルゼンチン共和国杯」!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT