若い世代は「永井荷風」をどう読んでいるか

本を手にとるきっかけはゲーム?

これが、「文アル」の永井荷風!公式説明文は「エリートな雰囲気を漂わせた長髪の青年」(写真:株式会社DMM.comラボ)
「かわいいおじさん」「あちこちに家を持っている外ネコ」――。これらは、若い女性たちの荷風像だ。現代の若い人たちは荷風作品をどう読んでいるか、取材をしてみると、荷風をはじめ、日本近代文学の楽しみ方に新しい形が生まれていることがわかった。

読書にはきっかけとタイミングが必要だ。きっかけは、友人や先輩からの勧め、ほかの著書での紹介、雑誌や新聞の書評、テレビやラジオでの言及などさまざま。近年ではこれにインターネットが加わる。しかし、それで手に取って読みはじめたとしても、その本が面白く読めるかは別問題だ。若い頃にはまったく合わなかった本が、年を重ねると味わい深いものに感じられることは多い。出会いのタイミングも重要なのだ。

なかでも、永井荷風はきっかけとタイミングが難しい作家なのではないか。若い頃に読んでも、ピンとこないことが多いだろう。私の場合もそうだった。

荷風はかわいく、ばかっぽいのが魅力

本記事は『東京人』2017年12月号(11月2日発売)より一部を転載しています(書影をクリックするとアマゾンのページにジャンプします)

多くの伝説を持ち、毀誉褒貶(きよほうへん)の激しい作家なだけに、読者の受け取り方もさまざまだ。「岩波文庫の場合、荷風の作品の読者は4分の3が男性ですね。なかでも50歳以上が多いです。私もそうですが、男性は、個人主義を貫いて生きた荷風に憧れや夢を抱くんじゃないでしょうか。あんな風にはとても生きられない、と」と話すのは、岩波書店編集局の鈴木康之さん。

では女性はどうか。どうも、荷風はあまり女性に読まれていないという印象がある。花柳界を舞台とした作品を書いたことや、戦後、浅草のストリップ小屋に通いつめたエピソードなどから、読む前に毛嫌いしているのではないか。

「そんなことないですよ。荷風はかわいいです」と言うのは、ジュンク堂書店池袋本店の中山綾乃さんだ。まだ若い中山さんは、「荷風は変人だと言われますが、変人だからこそ面白い作品が書けると思います。それに、自分のスタイルにこだわった人ですよね。女性は、男性のそういうちょっとばかっぽい(笑)ところに魅力を感じます」と教えてくれた。彼女の好きな荷風作品は『日和下駄』とのこと。

次ページ日本近代文学に起きている「文アル」現象
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。