中国「違法ワクチン」、幼児の体に起きた悲劇

人命軽視、ずさんすぎる薬品行政の実態

李さんの大きな瞳から涙が流れる。抱かれた娘は、何も事情を理解していないのだろう。半開きの小さな口から、よだれを垂らしながら、目を細めている。笑っているようにも見える。その対比はあまりに切ない。

生後3カ月の頃の梓涵ちゃん

生後3カ月頃の写真を見せてもらった。まだ髪の毛も生えそろっていないが、ハイハイをしてクリッとした瞳をカメラのほうを向けている。焦点は定まっている。当時は健常な子にしか見えない。今の梓涵ちゃんは、母親がこうして話している間も、その腕の中で、時々、カクンと首を後ろにのけぞらせたかと思えば、今度は深くうつむくように前に倒れる。小さな口が時々「あうー」と言葉にならない声を上げる。母はそのたびに首を支え、ティッシュでしきりによだれをぬぐってあげていた。

少しはよくなったということだが…

李さんは“専門家”の結論に到底納得できなかった。

そうした中で起きたのが「山東違法ワクチン事件」だった。龐の犯行時期は、2013年6月から一昨年4月まで。娘が接種を受けたのは2013年の8月。ニュースは女が12種類のワクチンを扱っていたと報じていたが、その中には、HIBとポリオも含まれていた。

「疑っていますが、証拠がありません」

娘の打ったワクチンは事件と関連があると考えているのだろうか。

「私は関係があると思っています。出荷日を見ると子どもがワクチンを打った時期と重ねっています」

しかし事件発覚後に警察や衛生当局からの調べは一切ない。

それまで妻の話を黙って聞いていた梓涵ちゃんの父親の張継禄さん(28歳)にも同じ質問をした。もともと無口な人なのだろう。短い答えだった。

「疑っていますが、証拠がありません」。まさにこの家庭が置かれた状況だった。結局、娘がなぜ障害者になったかは今もわからないままだ。

次ページ菏沢市に住む、郭林さん一家
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT