商社マン&芥川賞作家、二足のわらじの履き方

純文学者・磯﨑憲一郎氏の好き嫌い(上)

楠木:それで書いたものがデビュー作になったのですか。

磯﨑:いえ、デビュー作の『肝心の子供』は2作目です。初めて書いたものは、発表していません。初めて書いたものを保坂さんに読んでいただいたときの感想は、「面白いけど、これではデビューはできないな」というものでした。

楠木:小説家としての下積み生活のようなものは、特にはなかったということですか。

磯﨑:ありませんねえ。

楠木:磯﨑さんの小説をお読みになった方はおわかりでしょうが、最も小説的な小説というか、「純文学」すね。読者としては、純文学を多く読まれていたのですか。

磯﨑:そうですね。どちらかというと、海外の作家の作品を読んでいました。ガルシア=マルケスとかボルヘスとかカフカとか。

使い分けはしない

楠木:私が磯﨑さんに初めてお会いしたのは、勤務されている会社の仕事でのご縁でした。そのときは、すでに文学賞を受賞されていたことは知っていました。文学者風の勝手なイメージを抱いていたのですが、第一印象は、ぜんぜん純文学っぽくない。拍子抜けでした。かといって商社マンぽくもないんですね(笑)。私はすでに磯﨑さんの芥川賞受賞作品を読んでいたので、雑談になったとき、純文学系の濃厚で複雑な話になるのかな、とちょっと緊張していました。

というのは、磯﨑さんの小説は、時間や空間がガンガンに歪んでいて、筋を楽しむようなものではありません。非常に感覚的な純文学で、小説濃度が高いというか、小説という表現形式でしか味わえないような内容だからです。映画にすることも絶対にできない。どちらかというと、音楽的な感じがします。小説は文字で綴られた言語的なものですが、磯﨑さんの作品は、音楽のような非言語の抽象的な世界に近いと感じます。あのような小説が、商社でバリバリ仕事をしている人からは生まれているとは、想像がつかない。で、「それっぽい人」なのではないかと予想したのです。けれど、雑談では結局、「ツェッペリンいいよね!」とか、そんな話にしかなりませんでしたね(笑)。

磯﨑:ご覧になっているからおわかりかもしれませんが、仕事はいたってまじめにやっていますから(笑)。

次ページ本当に思っていることを言う
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT