商社マン&芥川賞作家、二足のわらじの履き方

純文学者・磯﨑憲一郎氏の好き嫌い(上)

楠木:それで書いたものがデビュー作になったのですか。

磯﨑:いえ、デビュー作の『肝心の子供』は2作目です。初めて書いたものは、発表していません。初めて書いたものを保坂さんに読んでいただいたときの感想は、「面白いけど、これではデビューはできないな」というものでした。

楠木:小説家としての下積み生活のようなものは、特にはなかったということですか。

磯﨑:ありませんねえ。

楠木:磯﨑さんの小説をお読みになった方はおわかりでしょうが、最も小説的な小説というか、「純文学」すね。読者としては、純文学を多く読まれていたのですか。

磯﨑:そうですね。どちらかというと、海外の作家の作品を読んでいました。ガルシア=マルケスとかボルヘスとかカフカとか。

使い分けはしない

楠木:私が磯﨑さんに初めてお会いしたのは、勤務されている会社の仕事でのご縁でした。そのときは、すでに文学賞を受賞されていたことは知っていました。文学者風の勝手なイメージを抱いていたのですが、第一印象は、ぜんぜん純文学っぽくない。拍子抜けでした。かといって商社マンぽくもないんですね(笑)。私はすでに磯﨑さんの芥川賞受賞作品を読んでいたので、雑談になったとき、純文学系の濃厚で複雑な話になるのかな、とちょっと緊張していました。

というのは、磯﨑さんの小説は、時間や空間がガンガンに歪んでいて、筋を楽しむようなものではありません。非常に感覚的な純文学で、小説濃度が高いというか、小説という表現形式でしか味わえないような内容だからです。映画にすることも絶対にできない。どちらかというと、音楽的な感じがします。小説は文字で綴られた言語的なものですが、磯﨑さんの作品は、音楽のような非言語の抽象的な世界に近いと感じます。あのような小説が、商社でバリバリ仕事をしている人からは生まれているとは、想像がつかない。で、「それっぽい人」なのではないかと予想したのです。けれど、雑談では結局、「ツェッペリンいいよね!」とか、そんな話にしかなりませんでしたね(笑)。

磯﨑:ご覧になっているからおわかりかもしれませんが、仕事はいたってまじめにやっていますから(笑)。

次ページ本当に思っていることを言う
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT