ノーベル化学賞、極低温電子顕微鏡の3氏に

急速に凍結させて電子顕微鏡で解析する手法

 10月4日、スウェーデン王立科学アカデミーは、2017年のノーベル化学賞を、生体分子イメージング発展に向けたクライオ(極低温)電子顕微鏡を開発した3氏に授与すると発表した。提供写真(2017年 ロイター TT News Agency/Claudio Bresciani)

[ストックホルム 4日 ロイター] - スウェーデン王立科学アカデミーは、2017年のノーベル化学賞を、生体分子イメージング発展に向けたクライオ(極低温)電子顕微鏡を開発した3氏に授与すると発表した。

受賞が決まったのはヨアヒム・フランク氏、リチャード・ヘンダーソン氏、ジャック・デュボシェ氏。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今年こそ始めるプログラミング<br>AI時代の必須スキル

あらゆる産業でITとの融合が加速し、プログラミングは新たなビジネスや業務効率化に必ず役に立ちます。基礎的な考え方や実際の例文(コード)を満載してゼロから説明。4月から小学校で必修となる、教育の最前線もお届けします。