スペイン人、トルコ人の五輪への冷めた想い

五輪開催地決定前緊急インタビュー

日本の招致チームのプレゼン力をグローバルエリートが採点(写真:AP/アフロ)

あ~眠たいっ!今は土曜の朝2時半(シンガポール時間)。マリーナベイサンズにあるパンゲアというクラブにブラジル人やスペイン人やトルコ人、ロシア人、インド人、中国人など(くしくもBRICS全員)の友人達と遊びに行って帰ってきたのだが、たまたまトルコ人とスペイン人の友人もいたので、開催地発表直前にかける彼らの意気込みを聞いてみた。

その内容を以下に要約してお伝えしよう。別に私の友人が各国の世論を代表しているとは言わないが、こういう回答が総じて多かった。

トルコの友人は、イスタンブール招致に懐疑的

まずトルコ人曰く、「招致などどうでもいい」とのことであり、私が最近イスタンブールに行った時に感じた感想と同様である。私がメールで追加質問したところ以下のような回答が返ってきたのでご参考にお披露目しよう(以下、先ほど届いたメール)。

“As for the Olympics - It doesn't seem to be a big deal over here Nobody seems to care, maybe because we got bigger problems, ie. the government, protests, Syria issue, etc. The only thing I've heard was people complaining about how shitty the advertising videos were, complete joke :)) so i don't think we're gonna win or even care about winning :))”

(オリンピックに関してだけど、どうでもよくて誰も気にしていないみたい。なぜなら政府やシリアの問題などで、たぶんそれどころでないから。周りが言っている文句で多いのは、いかにイスタンブールの広報ビデオが酷いかということ。ほんとやめてほしい。イスタンブールが勝つと思わないけど、そのことを気にしている人もいないわ)

なるほど、トルコ人は全然関心がなさそうだ。ちなみにスペイン人に昨日の夕食時に聞いたのだが、彼はバルセロナ出身なので「マドリードのことなどどうでもいい、表だって応援などしない」とつれない反応だった。それでもしつこく「東京、マドリード、イスタンブールだったらどこを応援するんだ」ときいたところ、「リアルにどうでもいいが、お前が言い張るなら別にマドリードでもいい」といった、これまたつれない反応である。

次ページブラジルで高まる五輪への不満
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT