「インバウンド不倫」にハマる39歳女性の論理

なぜ火遊びの相手に外国人観光客を選ぶのか

なぜ不倫相手に外国人を選ぶのか(写真:神鳥谷(ひととのや) / PIXTA)
筆者は、「不倫している女性」のインタビューを4年ほど続けている。ここ半年間で「不倫相手に外国人を選ぶ」と答える30~40代の女性が増えていることに気がついた。「不倫を楽しむ高収入の妻たち」について具体例を報じてきた本連載だが、今回の記事では、外国人を不倫相手に選ぶ妻について、実例を交えながら紹介していく。

 

この連載の一覧はこちら

今、全国津々浦々で訪日外国人を見かける。日本政府観光局が発表した「ビジット・ジャパン事業開始以降の訪日客数の推移」を見ると、2003年時には約521万人だった訪日外国人旅行客数が、2016年には約2404万人と約5倍に増えており、今後も拡大傾向を続けると予測している。

経済面での影響も大きく、観光庁が発表した、2016年の訪日外国人旅行消費額は3兆7476億円で、前年に比べ7.8%の成長を遂げた。訪日外国人1人当たりの旅行支出は平均すると15万5896円。国籍・地域別にみると、オーストラリアが最も高く(24万7000円)、次いで中国(23万2000円)、スペイン(22万4000円)の順になっている。

訪日外国人が日常的な風景になれば、かつてあった心理的な距離感が薄れ、交流が生まれる。その延長線上に、不倫相手に外国人を選ぶという女性が目立つようになったという現象が起こる。

会社を経営する39歳女性が語ったこととは?

今回、お話を伺った、食品輸入会社を経営する黒須正美さん(仮名・39歳・年収800万円)は、複数の訪日外国人と不倫を繰り返している。彼女の夫は10歳年上で夫婦仲はいいが、5年以上セックスレスだという。中学生の娘がいるが、自立心が強く、母親が夜に外出しても気にも留めていないという。

「外国人旅行客とは、基本はワンナイトラブ。これにハマったのは3年前。夫がEDになって欲求不満が溜まり、知り合いの男性と飲みまくっていたのですが、肉体関係までは至らなかったんです。ところが、飲み会の後に1人でふらっと新宿のゴールデン街に行ったらスイス人の警察官というイケメン男性にナンパされてその日のうちに関係を持ちました。これで世界が開けたんです」

次ページ外国人が多いゴールデン街が主戦場
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT