Facebookが考えるコミュニケーションの未来

AIが日常の対話を変えていく

フェイスブック ジャパンのオフィス壁面に描かれたユニークな絵(撮影:今 祥雄)

ARが、バーチャルだけではなく、オフラインの日常の一部になるような時代もすぐそこだと私たちは考えています。

イメージしやすいところだと、あるカフェに自分のスマートフォンのカメラをかざすだけで、以前来店した友人が書き込んだ「ここのラテはおいしいよ!」「スイーツならこれがオススメ!」といった口コミ情報が表示されるようになったり、冷蔵庫に貼っていた家族に向けた「中のケーキ食べていいよ」といったメモも、スマートフォンを冷蔵庫にかざすだけで見られるようになる日がいつか来るでしょう。

動画もVRもARも単発のトレンドではない

VR、AR、AIなどの先進技術は、今ホットな話題ではありますが、前回の記事でご紹介したFacebookの10年ロードマップでも言及したとおり、やはり10年という長期スパンで開発し、コンテンツやプラットフォームを含めたエコシステムをじっくり作り上げるべきものだと考えています。現時点のコミュニケーションの中心はあくまで動画で、10年かけてVR、ARなどの、より没入感の高いコミュニケーションに移行していくのではないでしょうか。

また「今は動画だ」「もうARだ」「いやVRの時代だ」など、こうしたテクノロジーは個々のトレンドとして語られるケースが多いと感じています。個人的にはそうではなく、写真から動画、そしてVRやARへというテクノロジーの進化によって、人と人のコミュニケーションも進化し、多様化していく一つの大きな流れとしてとらえる方が的確だと感じています。

そして、コミュニケーションが進化して、多様化するに連れて、当然、ビジネスと人のつながり、ブランドと人のつながりの形も変わっていきます。次回はモバイル時代のマーケティングについて考えていきます。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT