Facebookが考えるコミュニケーションの未来

AIが日常の対話を変えていく

フェイスブック ジャパンのオフィス壁面に描かれたユニークな絵(撮影:今 祥雄)

ARが、バーチャルだけではなく、オフラインの日常の一部になるような時代もすぐそこだと私たちは考えています。

イメージしやすいところだと、あるカフェに自分のスマートフォンのカメラをかざすだけで、以前来店した友人が書き込んだ「ここのラテはおいしいよ!」「スイーツならこれがオススメ!」といった口コミ情報が表示されるようになったり、冷蔵庫に貼っていた家族に向けた「中のケーキ食べていいよ」といったメモも、スマートフォンを冷蔵庫にかざすだけで見られるようになる日がいつか来るでしょう。

動画もVRもARも単発のトレンドではない

VR、AR、AIなどの先進技術は、今ホットな話題ではありますが、前回の記事でご紹介したFacebookの10年ロードマップでも言及したとおり、やはり10年という長期スパンで開発し、コンテンツやプラットフォームを含めたエコシステムをじっくり作り上げるべきものだと考えています。現時点のコミュニケーションの中心はあくまで動画で、10年かけてVR、ARなどの、より没入感の高いコミュニケーションに移行していくのではないでしょうか。

また「今は動画だ」「もうARだ」「いやVRの時代だ」など、こうしたテクノロジーは個々のトレンドとして語られるケースが多いと感じています。個人的にはそうではなく、写真から動画、そしてVRやARへというテクノロジーの進化によって、人と人のコミュニケーションも進化し、多様化していく一つの大きな流れとしてとらえる方が的確だと感じています。

そして、コミュニケーションが進化して、多様化するに連れて、当然、ビジネスと人のつながり、ブランドと人のつながりの形も変わっていきます。次回はモバイル時代のマーケティングについて考えていきます。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • 最新の週刊東洋経済
  • おカネと人生の相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?