安倍首相、臨時国会冒頭での衆院解散を伝達

自民党の臨時役員会で

 9月25日、安倍晋三首相(自民党総裁)は25日の自民党臨時役員会で、今月28日に召集する臨時国会の冒頭で衆院を解散する考えを伝えた。写真は2016年7月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 25日 ロイター] - 安倍晋三首相(自民党総裁)は25日の自民党臨時役員会で、今月28日に召集する臨時国会の冒頭で衆院を解散する考えを伝えた。自民党幹部が会合後、記者団に明らかにした。

これとは別に、二階俊博幹事長は同日夕に党本部で記者会見し、臨時役員会での安倍首相の発言などを説明。衆院解散に踏み切る理由について、首相は消費増税時の使途変更や対北朝鮮政策を挙げた。「生産性革命」と「人づくり革命」の実現に向け、「アベノミクス最大の勝負に出たい」との決意表明もあったという。

衆院選が行われる見通しとなったことを受け、二階幹事長は「常在戦場という決意だっただけに、来るべきものが来たという感じだ」と述べた。

また、東京都の小池百合子知事が同日に旗揚げを表明した、国政新党「希望の党」を巡っては、「(衆院選への)影響は大いにあるだろう」とする一方、「今日できたばかりの新党に自民党が右往左往する必要はない」とも語った。

*内容を追加しました。

(梅川崇)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT