安倍首相、臨時国会冒頭での衆院解散を伝達

自民党の臨時役員会で

 9月25日、安倍晋三首相(自民党総裁)は25日の自民党臨時役員会で、今月28日に召集する臨時国会の冒頭で衆院を解散する考えを伝えた。写真は2016年7月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 25日 ロイター] - 安倍晋三首相(自民党総裁)は25日の自民党臨時役員会で、今月28日に召集する臨時国会の冒頭で衆院を解散する考えを伝えた。自民党幹部が会合後、記者団に明らかにした。

これとは別に、二階俊博幹事長は同日夕に党本部で記者会見し、臨時役員会での安倍首相の発言などを説明。衆院解散に踏み切る理由について、首相は消費増税時の使途変更や対北朝鮮政策を挙げた。「生産性革命」と「人づくり革命」の実現に向け、「アベノミクス最大の勝負に出たい」との決意表明もあったという。

衆院選が行われる見通しとなったことを受け、二階幹事長は「常在戦場という決意だっただけに、来るべきものが来たという感じだ」と述べた。

また、東京都の小池百合子知事が同日に旗揚げを表明した、国政新党「希望の党」を巡っては、「(衆院選への)影響は大いにあるだろう」とする一方、「今日できたばかりの新党に自民党が右往左往する必要はない」とも語った。

*内容を追加しました。

(梅川崇)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。