無印良品「スッキリ収納アイテム」活用6選

プロが実践、部屋の片付けはこうすればいい

無印良品のアイテムを使って収納。オススメのアイテムと活用ワザをご紹介します
当記事は、「GetNavi web」の提供記事です

無印良品では、サイズや素材違いで様々な収納アイテムを展開しています。ここでは、自身も“無印収納”を愛用しているという整理収納コンサルタント・森山尚美さんに、オススメのアイテムと実際のお宅での活用ワザを教えてもらいました。

 

【その1】手編みでつくられた積み重ねできるシリーズ

重なるラタンシリーズ

1000円〜

ひとつひとつ手編みでつくられた、積み重ねができるボックス&バスケット。「重みがあり、しっかりとした作りで丈夫。お部屋やキッチンなどの棚の高さに合わせ、いろいろなサイズを使い分けています。」(森山さん)

【活用例】

DVDやゲームソフトの整理には、 ピッタリの高さの「重なるラタン 長方形バスケット・中」を活用。 どこに何があるかひと目でわかります。

次ページどこに置いてもなじむシェルフ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。