ベルリン・マラソン、設楽悠太選手が6位に

ケニアのキプチョゲ選手が優勝

 9月24日、ベルリン・マラソンが行われ、男子では設楽悠太が2時間9分3秒で自己記録を24秒更新し、6位だった(2017年 ロイター/Michael Dalder)

[ベルリン 24日 ロイター] - ベルリン・マラソンが24日に行われ、男子では設楽悠太が2時間9分3秒で自己記録を24秒更新し、日本勢最高の6位だった。

五輪金メダリストのエリウド・キプチョゲ(ケニア)が、世界新記録は逃したものの2時間3分32秒で同大会2度目の優勝を飾った。初マラソンのグエ・アドラ(26、エチオピア)は14秒差の2位でフィニッシュ。

キプチョゲは「このレースを走れてうれしい。雨でコンディションは良くなかったが、風が強くなかったことはラッキーだった。アドラのことは予想していなかったがうれしい。これがスポーツだ」と話した。

また、キプチョゲとともに「ビッグ3」と呼ばれるケネニサ・ベケレ(エチオピア)、ウィルソン・キプサング(ケニア)が今大会で初めて直接対決を果たしたが、ベケレとキプサングはともに途中棄権した。

そのほか、日本勢は佐野広明が2時間11分24秒で設楽に続く7位。五ケ谷宏司が13位、菊地賢人は17位だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。