ベルリン・マラソン、設楽悠太選手が6位に

ケニアのキプチョゲ選手が優勝

 9月24日、ベルリン・マラソンが行われ、男子では設楽悠太が2時間9分3秒で自己記録を24秒更新し、6位だった(2017年 ロイター/Michael Dalder)

[ベルリン 24日 ロイター] - ベルリン・マラソンが24日に行われ、男子では設楽悠太が2時間9分3秒で自己記録を24秒更新し、日本勢最高の6位だった。

五輪金メダリストのエリウド・キプチョゲ(ケニア)が、世界新記録は逃したものの2時間3分32秒で同大会2度目の優勝を飾った。初マラソンのグエ・アドラ(26、エチオピア)は14秒差の2位でフィニッシュ。

キプチョゲは「このレースを走れてうれしい。雨でコンディションは良くなかったが、風が強くなかったことはラッキーだった。アドラのことは予想していなかったがうれしい。これがスポーツだ」と話した。

また、キプチョゲとともに「ビッグ3」と呼ばれるケネニサ・ベケレ(エチオピア)、ウィルソン・キプサング(ケニア)が今大会で初めて直接対決を果たしたが、ベケレとキプサングはともに途中棄権した。

そのほか、日本勢は佐野広明が2時間11分24秒で設楽に続く7位。五ケ谷宏司が13位、菊地賢人は17位だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT