トランプ米大統領、「金委員長は狂った男だ」

米爆撃機、今世紀に入って最も北へ飛行

 9月23日、北朝鮮の李容浩外相は、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長を「ロケットマン」と呼んだトランプ大統領の発言を、「北朝鮮のロケットが米国本土に到達することを不可避にした」と非難。写真は平壌で米国に抗議するデモ。KCNA提供(2017年 ロイター)

[国連/ワシントン 23日 ロイター] - 北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相は23日、ニューヨークで開催中の国連総会で演説し、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長を「ロケットマン」と呼んだトランプ米大統領の発言を「北朝鮮のロケットが米国本土に到達することを不可避にした」と強く非難した。

北朝鮮の核・ミサイル開発を巡る米朝の対立は一段と激しくなっている。

李外相の演説を受け、トランプ米大統領は同日、北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相の国連総会での演説を受け、「小柄なロケットマンの考えに同調するならば、彼らの先は長くない」とツイッターに投稿した。

「彼らの先は長くない」と警告したトランプ大統領が、「彼ら」という表現で李外相と金委員長に言及したのか、あるいは北朝鮮全体について述べたのかは明らかになっていない。

米軍機が威嚇飛行

米国防総省によると、李外相の演説の数時間前、米空軍の戦略爆撃機「Bー1B」数機が護衛の戦闘機とともに北朝鮮の東方沖合の国際空域を威嚇飛行した。米軍の戦闘機・爆撃機としては今世紀に入って最も北の位置まで飛行したという。

国防総省報道官は今回の飛行任務について「米国の決意を示すとともに、トランプ大統領が脅威に対抗するため多くの軍事的選択肢を持っていることを明示した」と説明。「われわれは米国と同盟国を守るため、すべての軍事力を行使する用意がある」と述べた。

次ページとまらない言葉の応酬
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。