グレン・グールドが再び注目されている理由

ファン待望のアルバムがついに登場

バッハの名曲『ゴールドベルク変奏曲』についても触れておきたい。アリアと30の変奏曲から成り立つこの作品が出版されたのは1741年9月。ザクセン選帝侯宮廷に滞在していたロシア大使カイザーリンク伯爵から“眠れない夜に聴くための音楽”を所望されたのが、バッハが作曲するきっかけになったと伝えられている。

そのときに演奏を行ったのがバッハの弟子のヨハン・ゴットリープ・ゴールドベルクであったことから『ゴールドベルク変奏曲』の名で呼ばれるようになったというのが名前の由来。そしてこの名曲をバッハの死後初めて弾いたのが、かのフランツ・リストだったというのも興味深い。

本来はチェンバロのために書かれた作品ながら、グールド盤の登場以降ピアノで演奏されることが圧倒的に多くなったほか、金管五重奏や弦楽アンサンブルなどにも編曲されて演奏される超人気曲となったことも、グールドの影響なしには考えられない。

すでに死をも超越

グールドが亡くなってからすでに35年の歳月が過ぎようとしている。しかしその人気は衰えるどころか、新たなファンを生み出しながらさらなる広がりを見せる勢いだ。録音の中に生きることを決断したグールドの存在は、すでに死をも超越してしまっているのだろうか。『ゴールドベルク変奏曲 コンプリート・レコーディング・セッションズ1955』にはまさしく生身のグールドが感じられる。

この素敵なセットの気になるお値段はオープン価格。ちなみに筆者は9998円のネット販売でゲットした。なお、今回の発売を記念して、アルバムの日本語解説を執筆された宮澤淳一氏によるトーク&視聴イベント『目で耳で楽しむ『グレン・グールド ゴールドベルク変奏曲1955』が10月8日(日)に東京・渋谷で開催される。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT